血液型性格判断は科学である

血液型性格判断は科学である。ただし、正しいとは思われない科学である。たぶん間違っているだろうが、ほんとうに間違っているか、絶対に確かか、と詰問されると、完全に証明されたわけではないと答えざるを得ない。血液型と性格に相関がないことを完全に証明するのは、(科学の方法では)たぶんできないだろう。
科学 エセ科学 血液型占い 疑似科学 血液型 非科学 トンデモ科学 血液型性格判断
HayakawaYukio 11469view 25コメント
5
ログインして広告を非表示にする
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-08 13:30:41
    そうですか?血液型性格診断や水からの伝言は、科学の作法にのっとっていないことよりむしろ結論否定が批判者の主たる動機であるように(私には)みえます。RT @kuri_kurita: “結論が間違っているという理由で”何かをニセ科学なんて呼ぶ人は見たことないなぁ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-08 13:51:03
    はい。私もないと承知しています。私がいいたいのは、血液型性格診断をニセ科学だと決め付けてよいか、です。言説の正否ではありません。RT @Mihoko_Nojiri: @HayakawaYukio 血液型せいかく診断に関わる言説には科学的に優位なデータはないんじゃないですか?
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-10 14:35:05
    血液型性格判断は錯覚であると心理学で説明できます。反証できるので誤りの科学だと認識したいです。科学をニセ科学と呼ぶのは私の語感では耐えられません。RT @kikumaco_x: 血液型性格判断については、ちゃんと歴史を追えば、「ニセ科学」と呼ぶ理由もわかると思います。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-10 14:54:31
    私の知識はおもに、信州大学の菊池聡さんたちが10年前に書いた本によります。いま4冊机の上に出しました。RT @kikumaco_x: ちなみに「血液型性格判断の内容」として、誰のどういう説を想定しておられます?
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-10 15:29:05
    科学でないともいえません。RT @kikumaco_x: 「反証可能だからといって科学とは限らない」ということなら(普通はそう考えると思います)、「血液型は反証可能だから科学だ」という判断は成り立たないですよね
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-15 16:20:55
    血液型性格判断。古川竹二の1927年論文は科学。ただしその後、間違っていることがわかった。1971年から、能見正比古とその子である俊賢が、これを一般に広めた。能見親子はウソをついたと言えるかもしれないが、疑似科学だとはいえない。彼らが広めたのは、間違えた科学である。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-15 16:21:13
    血液型性格判断には、エンターテイメントとしての価値がある。差別だとして糾弾する人がいるが、県民性の違いや、世代間の考え方の違いと同レベルの指摘であり、差別だとまではいいがたい。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-17 11:19:07
    血液型を使ってひとを差別することはできるし、じっさいそれをするひとがいるかもしれない。だからといって血液型が差別だということにはならない。血液型はその差別行為の材料に使われただけだ。非難すべきは差別をしたひとであり、材料ではない。ひとの属性はすべて差別行為の材料になりうる。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-06-26 15:32:15
    水伝も血液型も、そういう視点から見てる?RT @Mihoko_Nojiri: ほんとかどうなんてどうでもええ、あんたらがそういう効果を期待している事自体が許せへん」(関西弁)という視点。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-08-04 20:36:45
    差別に使われるから血液型性格判断が悪だとする考え方は、包丁がときに凶器として使われるから悪だというのと同じだ。包丁が台所でいかに便利な道具であるかを知らない人の言い草だ。血液型性格判断はときに会話の潤滑剤となる。ものはすべて使いようである。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-12-17 11:26:04
    宴会の席だとする。血液型性格判断の話で盛り上がるのと、ひいきの野球チームの話で盛り上がるのとには、本質的な違いが何かあるだろうか。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 08:06:59
    「血液型と関係なくある種の性格分類で、キリン、ゾウ、ワニ型みたいな、そんなもんですよね、使っている人は。」同書p99(香山
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 09:26:05
    「現在、血液型はABO式だけでなく、e式、s式、q式、Rh式、白血球の血液型など、おびただしい種類があることが知られています。(略)だいたい外国人は日本人ほど自分の血液型を知らないでしょう。」安斉育郎(1995、2009、p39-40)『科学と非科学の間』
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 09:37:23
    「血液型は、せいぜい、酒場で隣り合わせた人に「あなたもしかするとB型じゃないですか」などと話しかけたら、たまたま当たって話に花が咲いた--という程度にとどめておくほうがいいでしょう」同書p40
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 17:08:32
    安斎育郎さんが「恥ずかしながら、筆者の得意技のひとつである」(同書、p50)と自慢する「演歌・血液ガッタガタ」は盆踊りで人気の曲のようだ。みなさん、楽しく踊ってらっしゃる。 http://ht.ly/3AXKT
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 17:21:14
    同書ではなかった。もうひとつ別の本だった。安斎育郎(2007)だまし博士のだまされない知恵、のp50。この本に書かれた血液型性格研究史の説明(p50-74)はたいへん詳しい。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 17:43:34
    「酒の肴に血液型を話題にするのは一向に差し支えあるまいが、血液型と性格の関連性にまつわる哀史を知っておくことは、あながち無益なことではないと思うのだが」同書p73
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-10 19:56:02
    「水伝道徳授業」をあれだけ叩いておきながら「血液ガッタガタ盆踊り」は不問だというのは、納得がいかない。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-11 16:19:48
    @muimi きょうのブログに書いたばかりだから、ひとつだけ私の意見を言う。血液型性格判断への批判はこの通俗道徳主義に立脚していると思う。一方、庶民は十分したたかで、そんなかんのを全部笑い飛ばして盆踊りする。http://ht.ly/3BCUl
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-12 09:17:30
    「血液型が合わないという理由で職場を変えられた」 大槻義彦(2008、p3)『大槻教授の最終抗議』の「はしがき」に書かれた事例より。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-12 09:25:46
    「放送倫理・番組向上機構(BPO)がこうした声に応えて、民放各局に対して要請を行なった。「血液型と性格の関連には根拠がないうえ、差別に通じる危険があるので、あたかも実証済みであるかのような表現は避けてほしい」という要請である」同書、p125
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-01-14 10:13:35
    血液型性格関連説」は「非科学的」ではない、ということは私も何度も書いてきたこと。血液型は客観的方法で判断できるのだから「性格」さえ操作的に定義できれば「科学的だがそれを支持する証拠のない説」といえる。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-01-14 10:15:30
    むしろ「血液型と関係がある」とされる「性格」とはなんのことなのかが問題。たとえば「性格の認知」と血液型の関係を示すデータは実際に得られている。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-01-14 10:17:32
    問題は「血液型と性格には関係がない」と主張する人が「性格」という言葉でなにを指示しているのかということ。私の研究が血液型の問題から始まっているのは偶然ではない。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-01-14 10:23:48
    「血液型で性格が決まるように見えるのは錯覚」というのはごくたやすくて証拠も挙げやすいが,同じ論理と証拠で心理学的な性格検査も「当たっているように見えるのは錯覚である」と批判できてしまう。「性格心理学だって血液型と同じじゃん」というのが私の研究の出発点にある。

コメント

  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-19 03:02:02
    > 科学かどうかは重要。だって、能見さんとかABO FAN君とかは一生懸命に血(ryを科学的に見せかけようとしている訳で。だからこっちは「そんなの科学じゃない」って指摘し続けている。 _pseudoctor 2010-06-09 22:58:46
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-19 03:03:24
    > ニセ科学は「科学を標榜している」と言う点に対してのみ、批判の対象にできます。その理論の過程、結論に対しては個別的にしか批判できません。 __pon_ 2010-06-09 03:40:36
  • BUSHOUMONO @yoshio41 2011-01-19 17:11:19
    「血液型から性格が分かる」ということは、性格は遺伝的要因よりも環境的要因の方が大きいと聞いたことがあるけど、あれは間違ってたのかな? 採用試験については、血液型云々以前に性格で決めちゃうのもどうかと思いますが・・・
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-21 09:26:33
    まとめ「血液型性格判断は科学である」に、渡邊さん以外のひとの意見、そして私の意見を大量に追加しました。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-21 09:28:33
    ただし他のひとの意見は、私のツイートが引用した部分から読み取ってください。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-21 09:58:15
    血液ガッタガタ盆踊りへのリンクがどういうわけか切れています。こちらからお試しください。 http://www.youtube.com/watch?v=VYqp14DipwM&feature=related
  • takayan | タテ線の人 @takayan1964 2011-01-21 15:14:24
    どうしても我慢ならないのでひとつだけ反論。能見正比古氏が「血液型性格判断」という安易な観点から書物を著しているとは思えません。むしろ「血液型と気質(身体的なものを大いに含む)との関連」を述べた延長線上で、性格的にはこういう「傾向がある」と書いただけ。
  • takayan | タテ線の人 @takayan1964 2011-01-21 15:19:30
    しかし、息子の俊賢氏はマスコミの口車に乗せられて「血液型性格判断」で完全に暴走。私も頭を抱えました。さらにブームになったためこれに便乗した悪質な鈴木某氏まで登場。その結果がいまにつながっているのです。
  • BUSHOUMONO @yoshio41 2011-01-21 22:18:28
    「血液型と性格の相関関係を差別にならないよう論じる能力」なんて本当にあるんでしょうか。遺伝的要因で優劣をつけたら差別でないはずがないと思いますけど。 「注意しなければならない」ということは結論として「どの血液型が優れているのか」などを導こうということですよね?
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-22 14:43:33
    yoh7686 これは面白い議論だった。エセ科学と間違っている科学の違いについて RT @LunarModule7: 「客観的なデータで仮説や理論の正誤を検証する、という手続きを踏んでいれば科学と呼べる」との主張ですね。 『血液型性格判断は科学である』 http://bit.ly/fxb6LQ 4 hours ago
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-22 14:43:52
    Nikoriks 能見正比古氏と大昔一度だけ話をしたことがあるが、彼の態度は「科学的」ではなく宗教家のものだったと思う。『血液型性格判断は科学である』 http://togetter.com/li/9... 4 hours ago
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-22 21:08:36
    mujisoshina 「血液型で性格判断を出来ることは科学的に証明されている」と言う事がニセ科学なのであり、「性格と血液型の関係」を検証する事までニセ科学だなんて誰も言っていない。卒論にすればいい。意義があると思うなら。 2011/01/22 はてブ
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-01-22 21:12:16
    「血液型で性格判断を出来ることは科学的に証明されている」この言説は単なる間違い。間違いは言いすぎだというなら、科学者集団の見解と異なる。ニセ科学なる概念を持ち出す必要がちっともないし、持ち出したら不適当。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-24 20:25:57
    最近の心理学のペーパーでは、能見説どおりに、統計的な有意差があるというのが主流です。ですので、最近は、菊池さん自身もこの記述は変えています(「自分だまし」の心理学 2008年)。NATROMさんも、伊勢田さんも、有意差があることはご存じのはずです。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-24 20:28:03
    ちなみに、最近の心理学のペーパー(血液型関連)を実際に調べてみた結果は、次のとおりです。 http://abofan.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25 お暇ならどうぞ。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-24 20:46:27
    現実の「血液型と性格」の統計データには、明らかに有意な差があるわけです。が、差があることを公表するのは、「差別」を助長するからいけない、といった風潮は好ましいとは思えません。それでは、何も言えなくなってしまいます。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-24 20:50:24
    念のため、「血液型で性格を判断できる」というのは、占い系の人しか言っていないはずです。科学的に言うなら、「血液型と性格には関係がある」言い換えれば「統計的に有意な差がある」のはずです。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-24 21:17:03
    ちなみに、いわゆる「血液型性格判断」はeffect sizeが大、「血液型と性格」ならeffect sizeが小~中の差になると思います。前者はともかく、後者は、多くの文献で通説どおりの差が出ています。書きすぎて迷惑になると申し訳ないので、とりえずこのへんで。
  • 清水悠 @YewShmz 2011-01-24 23:49:15
    アイザックアシモフもネタにしていたけれど、「赤毛の女性は気性が激しい」なんて言うのと同じで「A型は○○」などという刷り込みによって性格が決定されるのだから有意差があってもおかしなところは何一つない。その点ではホロスコープも同様でしょ。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-25 19:59:24
    まさにYewShmzさんのおっしゃるとおりです。そして、2005年以前の否定側の論理はほとんど「有意差がない」ですから、明らかに間違いです。具体例は、大槻さん、菊池聡さん、安斎さん、松岡圭祐さん…とキリがありません。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-25 19:59:43
    ということで、NATROMさんも、伊勢田さん…も「有意差」については沈黙しているようです。ところで、ホロスコープはアイゼンクの本を読んでの話ですか?それなら、ちょっと違うと思いますが。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-01-25 20:03:02
    ただし、「刷り込み」がすべての差の原因とすると、性格検査は血液型の「刷り込み」によるバイアスが多くて使い物にならないことになります。これも、否定側(特に心理学関係者)が沈黙している原因の一つだと思います。
  • ABO FAN @ABOFAN 2011-03-03 04:45:58
    2/15付けScientific Americanに血液型と性格が取り上げられています。ただし、記事本文ではなくゲストブログですが。ちなみに、私のサイトもリンクされています。
  • YSR@ドラム缶系遠征大成功率検証 @YSRKEN 2013-08-02 00:20:48
    つまり、「血液型で診断」は元々科学的検証に基づいた調査だったのが、あまりに広まりすぎて逆にバイアスと化しているカオスな状況、ってことですね?
  • ABO FAN @ABOFAN 2016-02-06 18:37:28
    否定派によると、差が出ている(日本人の7割)は自分報告の性格が「間違っている」ということです。つまり、そういう人の性格検査は間違っているということになります…(性格検査は自分報告の性格です)。これでは心理学が成り立ちません。(苦笑)

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー