10周年のSPコンテンツ!

アマ小説家、漫画家必携?「心理をどう表現するか」をまとめた「感情類語辞典」発売

飯間浩明氏のツイートで知りました。心理を描写するととき単純に「おもしろかった」「うれしかった」「悲しかった」だと、ちょっと表現として貧弱ですよね。 では、どういいかえる方法があるか?
人文 飯間浩明 読書 類語 言葉
359
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki

1967年10月21日、香川県高松市生まれ。国語辞典編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。最近の著作は『つまずきやすい日本語』(NHK出版)、『国語辞典のゆくえ』(同)、『ことばハンター』(ポプラ社・児童書)、『小説の言葉尻をとらえてみた』(光文社新書)など。『四字熟語を知る辞典』(小学館)も枕元にどうぞ。

https://t.co/fyhDH0j575
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
『感情類語辞典』の2人の原著者は若者向けの小説家。感情描写をコーチするために表したのが本書です。ある感情が起こると、人はどう行動するかなどを項目ごとにまとめた(当然ながらやや欧米テイスト)。コラム「書き手のためのヒント」も有益です。 pic.twitter.com/Ly73sWfr25
拡大
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
『感情類語辞典』、まだ刊行前なのに「いいね」が1000超えてるんですけど、いいのでしょうか――。安心してください、役に立ちますよ。と、私は目の奥をきらりと光らせる。原著は大ベストセラー。180ページの本なので、普通の本のように読んで、刺さった表現は覚えてしまうといいでしょう。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
小説を勉強する人が『感情類語辞典』などから表現を取り入れるのは是か非か。これはやるべきですね。「蟹工船」に「納豆の糸のような雨」という表現がある。井上ひさしはこれを自作「さそりたち」に取り入れ、「納豆の糸のような細雨」と書きました。いい表現は使う。さらにそれを超える。これですね。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
「嬉しい」「悲しい」など、感情を表す形容詞は(日本語では)僅少です。ことにプラスの感情形容詞は数えるほどしかなく、大半はマイナスの感情を表します。したがって、形容詞に頼っては感情表現は深まらない。『感情類語辞典』が「両眉を上げる」など動詞表現を主に集めているのはうまい攻め方です。
飯間浩明 @IIMA_Hiroaki
『感情類語辞典』の帯文を書いた立場から、いささか宣伝に協力しましたが、以上すべてホントのことです。
フィルムアート社 @filmartsha
【新刊紹介】『感情類語辞典』アンジェラ・アッカーマン、ベッカ・パグリッシ著。人間が持つ様々な感情について、はたして何個言い換えられますか…?12/25発売予定です! filmart.co.jp/books/playbook…
リンク 動く出版社 フィルムアート社 感情類語辞典 古今東西、どんな名作にも必ずある共通点。それは、優れた「感情」が描かれていることです。愛、憎しみ、孤独、懐かしさ……。物語を生き生きと描くためには、その渦中に置かれた登場人物・キャラクターの心理を、生き生きと「描写する」ことが不可欠です。でも、頭で考えるだけでは、どうしてもいきづまりがちです。気づくといつも同じリアクションをさせてしまったり、ドラマ性のない説..
フィルムアート社 @filmartsha
装画イラストは小山健さん!( @koyapu )裏表紙には「嫉妬」「決意」「おどろき」など、それぞれのテーマで描き下ろして頂きました! 『感情類語辞典』 filmart.co.jp/books/playbook… pic.twitter.com/lK97gs0Ol9
拡大
フィルムアート社 @filmartsha
―「その表現はありだな」。私は両眉を上げた。 推薦は国語辞典編纂者の飯間浩明さん( @IIMA_Hiroaki )に頂きました! 『感情類語辞典』filmart.co.jp/books/playbook… pic.twitter.com/7lWAU2ZvlD
拡大
🎶どばと。 @6_6dobato
これ、欲しい。感情類語辞典。言い換えたい時って、あるから。 逆に類語だと思っていたのに違う事もあったり。 言葉って難しい。 twitter.com/filmartsha/sta…
くさがみシン@週末ランナー @kusagamirin
感情類語辞典 フィルムアート社 amazon.co.jp/dp/4845915847/… @amazonJPさんから ■ヤバい。これはヤバい。今から本屋で探してくる。
くさがみシン@週末ランナー @kusagamirin
感情類語辞典。ぜひAmazonで試し読みを。いてもたってもいられなくこと請け合い。
くさがみシン@週末ランナー @kusagamirin
表現とは、キャラクターと読者との距離を縮めるためにある。(by 感情類語辞典)
くさがみシン@週末ランナー @kusagamirin
書き手がやってしまいがちなのが、読者の心をつかむためには、感情表現はドラマチックであるべきだと思い込んでしまうことだ。悲しんでいる人なら号泣し(中略)これでは読者は不信感を募らせることになる。なぜなら実生活では、感情は常にむき出しとは限らないからだ。(by 感情類語辞典)
川月 現大 @editech
【新刊】『感情類語辞典』アンジェラ・アッカーマン/ベッカ・パグリッシ著、滝本杏奈訳、フィルムアート社▼言葉にならない感情を描くために。小説家、脚本家、シナリオライター、漫画家、演出家……すべての創作に役立つ「類語辞典」。amzn.to/1PjFjdp
ニオ @wgdevi
『感情類語辞典』なんてものが出たのね。「両眉を上げる」って...驚いたときとか?(と言いつつ、自分結構そんな顔してそうだなー)
まいか🙃 @maikasan
感情類語辞典買おうかな。小説は描かないんだけど、この前の原稿描いてるときに冒頭で『他人が自分の意志に沿わない事をするので腹立たしい』っていうシーンでどういう言葉を使っていいかわからなかったんだ…。けっきょく無難な言葉選びになったけど…。情けなや。
Nobuhiko @mojo_nobu
感情類語辞典、欲しいな。アマゾンは発売日までkindleで販売するのかどうかわからなくないですか?それが困る。
もちざくら @mochizaku
「感情類語辞典」 filmart.co.jp/books/playbook… なにこれ。面白そうなんやけど。プリント作りに役立つかも。
ちょこ🍫 @qq_chococafe_2
感情類語辞典とても欲しいけど普通に本屋でも売ってるのだろうか

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年12月24日
飯間浩明氏のツイートは面白く、連続性があり、反響を受けての発展があるなどtogetterに大変向いているのだが、面白い回が多すぎて手が回らない(笑) 他人任せだが、「今年の新語」の話とかも、そろそろ誰かまとめてもいいのでは
RUN @Runagate 2015年12月24日
なかなかよさ気な本だ
漫画人 @gugugu_3224 2015年12月24日
これは役立ちそう。
Maulwurf @a7m167509498 2015年12月24日
こんなもの読まなきゃ小説かけないようなザコは今すぐ小説書くのやめろ。社会の迷惑だから。こういう辞典を自前で作れるくらいのやつだけが書け。
kanata @kanata_onion 2015年12月24日
絵を描くのに資料を見るなんてズルだ、ってタイプかな? いちいち自分に制限プレイを課することに意味はないゾ。
一条和城(CV:鈴村) @ichijou_kazuki 2015年12月24日
学ぶと言う言葉は「真似ぶ」と言う言葉から転じているという。稀代の碩学も名だたる絵描きも模倣から出発し、模倣を経てから名人となるというのにどうして文章書きのみが模倣を嫌う必要が有るのか
星五84体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2015年12月24日
呪いの言葉を吐いても意味ないんだよなぁ・・・。
張三李四 @tyousanrisi 2015年12月24日
これ買っただけで満足するタイプの本だ。
藤沢 了 (a.k.a FR-Style)🎹 @ray11893 2015年12月24日
ichijou_kazuki 絵や文字に限ったことではないでしょう。音楽だろうが何だろうがすべては模倣することから始まりますよね。
藤沢 了 (a.k.a FR-Style)🎹 @ray11893 2015年12月24日
これ書く仕事でなくても読んでるだけでも面白そう。
赤間道岳 @m_akama 2015年12月24日
父親の小便の音を「黄色い音」と表現した妹は今国語教師をやっている(*´ω`*)
neologcutter @neologcuter 2015年12月24日
自分のような凡人には読むだけで一日過ぎてしまいそうな本だあね。
kitty guy @namaegawakannai 2015年12月25日
売る方にすりゃ黙っててくれって話だろうが、辞書を引かなきゃ気持ちの表現法も分からないヤツがモノを書いて売るとか考えんな、ってなら分からなくもないかな…。小説の書き方講座だってライディングスクールだって、ある意味で夢を見させるだけ罪深い。出版不況はもう取り返しの付かない所まで来てる。復興予算使い込んで電子書籍云々って話もあるしさ。
kitty guy @namaegawakannai 2015年12月25日
何年も前から一度徹底的にダメになった方がいいとは思っていて、エディタ系のゲームがジャンルを滅ぼすように、こういうものが出ると末期かな、とも思う。レトリックや形容の技術は確かに存在するし、素人とは雲泥の差があるんだろう。けど、心の表現で安易なツールに頼るのはどうなのか。そこは文を読んで心の底から共感したヒトが、一種畏敬の様なモノを持って先人を見つつ、探り探り自分に取り込んで行くのが理想なのでは…? とかも思う。
kitty guy @namaegawakannai 2015年12月25日
「…それな?」だとか「――っていう体で?(笑)」の様な日常語ですら、言葉の裏にある微妙なニュアンスは世相を映し、表情と共に言葉を感じたヒトが口伝で拡めていく。流行語大賞が胡散臭いのは宣伝の為の共感ツールの側面を持つからで、恰も「はい、今はコレが流行ってます、コレを使えば同意が得られますよ?」の如き押し付けはメディアの信頼性自体を損なう。
kitty guy @namaegawakannai 2015年12月25日
同じように、この"心の"表現の為の類語辞典という規範は軽々しく受け入れて良いものなのかな、と――、いやスイマセン勢いで書きましたが別に俺なんざ碌に書けやしませんしまぁ大した矜持もねぇワケでテメーで書いててグダグダうぜーしいーんじゃないッスかええ。
kitty guy @namaegawakannai 2015年12月25日
有名になって売れりゃいいんだろ? んで印税入れば勝ちなんだよな? ガンバレやみんな。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2015年12月25日
芸事だけ「学ばずとも出来てこそ本物」とするのは、芸事をやらない人間特有のファンタジーである。
深井龍一郎 @rfukai 2015年12月25日
文章表現として通り一遍のものしか思いつけないくらい読書経験に乏しい人が、こういう本を読んで効果的な表現を選び出すことができるのかどうかという疑問は確かに感じる。
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年12月25日
同じ単語が1ページに頻出するような作品より、類語辞典で表現に幅を持たせた作品のほうが俺は読みたいけど
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年12月25日
一度でもなにか書いてみれば「自分の言葉をうまく表現できない時や同じフレーズが頻発してしまう時にこの手の辞典がどれだけありがたいか」がわかるから、試しに五千字でも一万字でもいいから書いてみるといい
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年12月25日
本当に物書きやってる人間は広辞苑など辞書複数片手にやるから、これは本当に便利。日本語表現って、奥が深すぎだし複雑怪奇だから難しいねん。常に形も変わるしな。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年12月25日
こう、言うなれば日本語表現って4次元構造の粘土みたいなもんだから、辞書があってもなかなかに苦戦するんよ。歴史が厚いのもあって攻略が難しすぎるの。
もふもふ とろろ @mx_mofmof 2015年12月25日
収録されたすべての表現が手垢にまみれたものとなるのは時間の問題
nekosencho @Neko_Sencho 2015年12月25日
内容見てないので良し悪しの論評は避けるし使ってどうとかも言わないが、仮に良書だとしても自分が自然に使えるようになるには、一通り読むだけじゃなくて、何度も書いて身につけていかないとだめだよね恐らく
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年12月25日
とっかかりとして良いと思う。ただ、これに頼っちゃうとそれはそれで表現力が伸びない気もする
にれ ななき @nire7th 2015年12月25日
一度も聞いたことのない言葉で喋るのはとてもとても大変だと思います。
レオナルド根岸 @zigrad 2015年12月25日
日々たくさん世に出ているウェブ小説などの表現が底上げされるのであれば十分存在価値はあるのでは。
anon@絵描きモード @pochi_go 2015年12月25日
字書きはわかるとして、なぜ絵描きも必携…? 漫画の「感情表現」は絵で表すもんで、説明するものちゃうやで。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2015年12月25日
pochi_go 心理描写の解説シーンとかあるじゃないですか。ジョジョとか刃牙にあるような。
たくさん @RascalTaku 2015年12月25日
この手の用語辞典、特に最近のものというほどではない。筑摩の官能用語辞典は初版が2006年。わずか8年、とも言えますが。もっと以前から出ていた慣用句辞典の類いがが細分化されてきただけでは。
大西巷一@『乙女戦争』全12巻完結&外伝準備中 @kouichi_ohnishi 2015年12月25日
『感情類語辞典』とあるけど内容的には『感情表現辞典』といった感じかな。これは創作にめっちゃ役立ちそう! 特定の感情を表現したい時、これをめくることで具体的なシーンやエピソードを思いつく《ヒント》が得られると思う。
大西巷一@『乙女戦争』全12巻完結&外伝準備中 @kouichi_ohnishi 2015年12月25日
この辞典が心理表現を貧しくしてしまうと危惧してる人もいるようだけど、その心配はないと思う。馬の絵を描きたい時に動物図鑑の馬のイラストを丸写しにするバカはいない(はず)。あくまで参考資料であり、そこからどう表現するかは描き手次第。そして参考資料にまったく頼らずに描くよりはマシなものがかける公算は大。
栄養マウント @eiyoumount 2015年12月25日
何故模倣を極端に嫌う奴はこうも鼻につくのか。辞書を引かなきゃ小説を書けない奴は書くのやめろとか何様のつもりだよ
道中ヘルべチカ@官能小説家 @HelveticaMi 2015年12月25日
「安心してください、役に立ちますよ。」か…買わねば(使命感)
anon@絵描きモード @pochi_go 2015年12月25日
TATukoma1987 なるほどそんなところに需要が(笑)
にれ ななき @nire7th 2015年12月25日
イラストであっても内容の打ち合わせが口頭や文字で行われる場合、絵を描く人もある程度の語彙がある方がいいとは思います。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月25日
三島由紀夫だって子供の頃から国語辞典を愛読していたし、向田邦子も暇つぶしに国語辞典を読んでは新しい発見があることを随筆でも語っている。当代一流の人だって辞典を読むんだから、凡人が読んで何が悪い?
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月25日
こういう本は「書く人」が読むのではなく、「読む人」が読むべき本なんだけどなあ。往々にして「読む人」は「書く人」よりも読解力が無いし、登場人物の行動や表情から感情を読むだけの知識を持ちえてない。喜怒哀楽レベルではなく、嫉妬や怨恨なども表情や行動として表現されるんだけど、そういうのは心理学でもやってないと大抵の人は選択式でも正しく回答できる人のほうが少なかったりするし。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年12月25日
フランス語は心理表現に優れているため19世紀にゾラやフローベールといったフランス小説黄金時代の作家が生まれました。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年12月25日
日本語が優れている点は同音異義語による表現が多様なことです。「まわって首尾も吉野山」(居残り佐平次)とか。
白木の水夫人形 @jackwhitewood 2015年12月26日
レトリックってギリシャ時代から学問として成立していて山のように教科書参考書が出版されているのですから、感情表現に絞った本がいまさら一冊出たところで目くじら立てるほどのことは起きないと思います。
ひとみまさこ @hitovino 2015年12月26日
「感情類語辞典」読んでみたい!
kokuju @kokuju 2015年12月26日
pochi_go 帯にある『「その表現はありだな」。私は両眉を上げた。』のような所作を絵で表現するのもよい利用法だと思います。「こういう感情を表すにはこういう描き方もあるのか」という閃きの手助けにもなるでしょうし。
Verdun_843 モンティセロの丘で @Verdun_nkysjan 2015年12月26日
これで学ぶのは大変結構。しかしこれ一つで感情表現を自家薬籠のものと考えるのならやめた方がいい。 世に感情の種は尽きまじ。 結局は、人を観察するのが一番ですよ。 もっとも、この本はその観察眼を上げる善い手引きにもなりますが。
Verdun_843 モンティセロの丘で @Verdun_nkysjan 2015年12月26日
あとこれを読んだって、目を見張るほどに物を書く才能が上がるわけじゃない。青柿のように渋いことを言わせて貰うなら、結局はその人の頭がそれを活かすことが出来るかどうかだよ。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2015年12月27日
「実は頭の中にすばらしいものが詰まってるのに引き出しの少なさのせいでそれを表に出せず、本人も自分の頭の価値を自覚できない」って人はけっこういるのかもしれない。誰にでも役に立つわけでもないだろうけど、仕事などには直接関係なくてもこういうので世界が広がることってたまにあるよね
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2015年12月27日
Neko_Sencho moudamepo150701 最初のツイートにも「自分に課題を出してみよう」とありますしね。「身に着ける」というのは「いちいち本を読み返さなくても書けるように」というだけでなく「自分にあった表現にカスタマイズして『自分の表現』にする」ということでもあります。本を読んだからといって本に書かれた以上のことができなくなるわけではなく、さらに先へ進むための足がかりとなる。あくまで踏み台となることを目指した本だと思いました
はいらんだ~P @hilander_em 2015年12月27日
このモグラアイコンはイラスト上達方法のまとめでも似たこと吐いてた。たぶん「フリードリヒ2世の実験」みたいな環境で育ってもなお日本語をはじめとする知識を授かってる稀有な人材だから言えるんじゃね?
はいらんだ~P @hilander_em 2015年12月27日
嘘をついていることを暗示するために目をそらす描写を入れるなど、ボディランゲージ表現を進める本かと思ったら語彙数で幅を広げる作戦か。
のなめ/鈴木耀P @CodeName_NoName 2015年12月27日
小説もだけど動画作成してる人でノベル系とか作詞曲やってる人も欲しがりそう
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月27日
映像のような尺の制限が厳しい媒体だと、このテの本の有用性は小説以上に高いと思う。映像に置いては何より言行不一致な状況や自分描写こそ劇的であるので、そういうものを意図的に作る脚本家ならなおのこと必要に感じるはず。
taka @Vietnum 2015年12月27日
心理や感情に限らず、巧い作家って単語で説明しないでさらりと描写するよね。でも使い古された描写(暑い=アスファルトが溶けそうだった)とかだとかえって陳腐になるし、宮本輝がいうようにストーリーに関係ないところまでこだわる必要はなかったりする(単なる雨降り=細い銀の糸が降る、など)。効果的に使わんとかえって厭きそう。
taka @Vietnum 2015年12月27日
たとえばアニメの「響け!ユーフォニアム」だと、膝をギュッと抱えて座ったまま、靴底で床を叩いたり足を揺らせたりして悔しさを滲ませてるんだけど、原作を読むとそんな描写はなくてただ「大きな瞳には、薄く涙の膜が張っていた」っていうありふれた描写になってたりするから、小説よりアニメの方が参考になったりするケースもあったりするw
うまあじマン 秋例大祭、紅楼夢 ありがとうございました! @umaaji516 2015年12月28日
自分とか分かってないのに凝った表現にしようとして訳の分からない表現で書いたりしちゃうから、自分のような創作初級者にとってバイブルになりそうな予感
はんぺん @postsop 2015年12月30日
「「その表現はありだな」私は両眉を上げた。」この文章では、「私は両眉を上げた」がなくても読者に意味が伝わる。書き手はレトリックを駆使しているつもりだろうけど、読者にとっては鬱陶しいだけの文章。こうした感情を動作で表す手法は、たいていの場合、蛇足にしか過ぎない。素人がこの辞書に首ったけになると、会話文ごとに「私は○○した」という表現が連発する無残な駄文が出来上がる。
はんぺん @postsop 2015年12月30日
あと、いい加減に「グラスが汗をかいていた」で時間経過を表すのはやめてください。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月30日
今買ったのを読んでるけど、翻訳本なのでお手本の文章が西洋風ということもさることながら、日本人がおよそ採らないであろう身体言語が多々あるのは事実。日本でこの本をそのまま作品に使うと、アンジャッシュか陣内智則のコント風になるかもしれない。
T.K fire @ukunk 2016年3月18日
こういう道具は結局使いこなせる人間にとっては有用だと思う。例えばDTMが発展して素人の作品も目立つようになったが全体として突き詰めて作られた作品のクオリティは上がっている。それによってそのジャンルが開発されきってつまらなく感じるというのも人間の性としてわからなくはないが。特権が奪われて自由化して競争が厳しくなってすごいものが生まれるがその後に混沌とした世界になるような。これは一度発明が起きれば防ぎようのない事態だから批判しても無駄。その流れを楽しむのが得策。
T.K fire @ukunk 2016年3月18日
まぁそもそも辞書を使わない作家なんて想像できないが。
しもべ @14Silicon 2016年4月10日
模倣を経ずに創造を行えるものがいたらそれは神ではないか(ファンタジー脳)
しもべ @14Silicon 2016年4月10日
蓄積した混沌以外の場所から物を取り出すことができるのは殆ど魔法では
しもべ @14Silicon 2016年4月10日
別に蓄積を得るにあたって拾ったものだけでなくてはならないという規則はないと思うが 買ったってよかろう
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする