歴史・神話・民俗調査が語り手の「空気を読む」で混乱する…って話から藤子・F・不二雄の某短編について【注意:半ネタバレあり】

【注意】ある藤子F短編に関し、大きく内容に触れています。ご了承の上お読みください。 有名な話ではあるんですけど、民俗学や神話の調査に行ったときに、時々、調査する側にされる側が「サービス」したり、調査側の知識が入ったりして、偶然と作為の入り混じった「偽神話」や「偽伝統」が作られることがあります。 別に誰か悪人がいるわけではないのに、結果として学問の真実から離れていく… その問題を、藤子・F続きを読む【注意】ある藤子F短編に関し、大きく内容に触れています。ご了承の上お読みください。 有名な話ではあるんですけど、民俗学や神話の調査に行ったときに、時々、調査する側にされる側が「サービス」したり、調査側の知識が入ったりして、偶然と作為の入り混じった「偽神話」や「偽伝統」が作られることがあります。 別に誰か悪人がいるわけではないのに、結果として学問の真実から離れていく… その問題を、藤子・F・不二雄氏は見事な短編にしたことがあったのです。 カテゴリは「人文」に。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @SagamiNoriaki @toronei @koshian @GetterShown @yuji_satoh_0826 @savateen @rakanka @yoshida_kyo @Hirosyslog @nabe_kazoo @ohanabatake38 @kamania_zonnen @miori0 @_UMA_MU_ @ocult_naver @nasiiakes
フィールドワーク 藤子・f・不二雄 オカルト 神話 トンデモ sf 伝統 神話学 民俗学
gryphonjapan 68359view 96コメント
251
ログインして広告を非表示にする

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「国際」に関連するカテゴリー