限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

ライク・ア・ブラッドアロー・ストレイト #4

翻訳チームによるサイバーパンク・ニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」リアルタイム翻訳 (原作:Bradley Bond-san & Philip Ninj@ Morzez-san) ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ 続きを読む
ニンジャスレイヤー
109538view 1コメント
4
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
第一話「ネオサイタマ炎上」 最終エピソード「ネオサイタマ・イン・フレイム」 #1 「ライク・ア・ブラッドアロー・ストレイト」-4
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーは巨大ボンボリで照らし出された空間を見渡した。今いる場所はごく狭いバルコニーめいた足場となっている。手摺は無く、もしニンジャスレイヤーがニュービーであり暗闇を果敢に飛び出していたら、真っ逆さまに転落していた事であろう。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
広大な空間の向こうには同様にバルコニー状の足場があり、ショウジ戸がある。ショウジ戸の 上には額縁入りのショドーで「続き」と書かれている。眼下はトゲが無数に生えた剣呑な床だ。トゲには白骨化した死体が幾つか引っかかったままになっている。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーはカギつきロープを対岸の額縁に向かって投擲した。ニンジャ腕力で投げられ長距離を飛んだカギは、ガッチリと額縁をくわえ込んだ。数度強く引いて手応えを確かめると、こちらがわのショウジ戸の上にある額縁「初心」に反対側を固定した。これでロープが張り渡された格好になる。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーは躊躇なくロープにぶらさがり、素早く両手を交互に動かして渡り始めた。あの「続き」のショウジ戸の先がトレーニンググラウンドの本番で、この崖を渡れない者には参加資格無しとでもいう事だろうか?なんとバカバカしい通過儀礼であろう。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
半ばまで進んだ時である。滑らかな壁に突然、四角い銃眼が複数開き、ヤリがせり出した。ニンジャスレイヤーは特段、驚く事もなくロープを渡り続ける。このくらいの妨害は当然行われるであろう事はわかっているからだ。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
赤いレーザーポインターがニンジャスレイヤーをスキャンした。ドシッ!ドシッ!音を立ててヤリが続けざまに発射される。「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはぶら下がりながら蹴りを繰り出し、リズミカルにヤリを弾き飛ばす。右!左!右!左!「イヤーッ!」「イヤーッ!」「イヤーッ!」「イヤーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ガシャン!追加の銃眼が開く。ナムアミダブツ!新たにせり出してきたのはミニガンだ!掃射を受ければ無傷では済むまい。「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはロープを中心にぐるりと回転し、ロープの上にサーカスめいて直立した。ニンジャ平衡感覚のなせる技だ!ミニガンの容赦ない射撃が開始される!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはロープの上を風のように駆け抜けた。タツジン!銃弾が追随するがニンジャスレイヤーはその一歩先をゆく。「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはロープ上から対岸へ向かって回転しながら跳躍、着地と同時に壁のミニガンへスリケンを投げて破壊した。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
この程度の妨害はニンジャスレイヤーにとってウォームアップにすらならぬのだ!カギつきロープを外し、ロックを解除すると、向こう岸のカギも巻き取られて彼の手に収まった。ショウジ戸を引き開ける。第二のエレベーターだ。迷いなく中へ進む。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
今度のエレベーターは直通ボタンひとつだ。そこに併せてトレーニンググラウンドのガイドとおぼしきウキヨエが設置されていた。この設備は数フロアにまたがるようであるが……「アスレチックフロアドスエ」合成マイコ音声が告げる。ニンジャスレイヤーは踏み出した。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
やはりここもバルコニー状の狭い足場で、下はお決まりのスパイクグラウンドだ。「イヤーッ!」エレベーターから降りた瞬間、ニンジャスレイヤーを頭上から何者かが襲う!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは前転しながら飛び出し、頭上からの謎の攻撃を回避した。アブナイ!崖から落ちるぞ!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」そのままニンジャスレイヤーは素早くジャンプし、手近の……壁から横向きに生えた円柱状の足場に飛び移った。円柱はかかった重みのままにグルグルと回転しニンジャスレイヤーの安定した着地を拒む。引き続きアブナイ!円柱は前へ前へ、飛び石めいて生えている。飛び移るしかない!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」自転する足場から足場へニンジャスレイヤーは壁沿いに飛び移った。対角には安定したバルコニー状の足場がある。そこまで足場が続く。このフロアは広く、対角はまだまだ遠い!「イヤーッ!」背後から飛来する飛び道具を空中のニンジャスレイヤーはチョップで弾き返す。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーが弾き返したのは小型のマチェーテだ。この武器には見覚えがある!ニンジャスレイヤーを追って足場をジャンプしてくる異様なニンジャの事を、彼は知っている!「イヤーッ!」追ってくる異様なニンジャは再度小型のマチェーテを投擲した。「イヤーッ!」再度弾き返し、足場を蹴る!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーは難しい立ち回りを強いられていた。防御時にバランスを崩せば足場で滑り、眼下のスパイクグラウンドへ真っ逆さまだ。だが、なぜあのニンジャがここに居る?ジャンプを繰り返しながら、ニンジャスレイヤーは追跡者を一瞥する。円錐形の編笠を被った迷彩ニンジャ装束の男を。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「アイサツも無しか!フォレスト・サワタリ=サン!イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはスリケンを投げ返した。「イヤーッ!」敵は空中で大振りのマチェーテを振り回し、スリケンを撃ち落とした。「これはアンブッシュの範疇だ、ニンジャスレイヤー=サン。ジャングルでは常に敵に囲まれている!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ジャングル?相変わらず様子のおかしい男だ」ニンジャスレイヤーは舌打ちした。「イヤーッ!」次の足場へ飛び移り「なぜオヌシがここに?サヴァイヴァー・ドージョーはどうした。ソウカイヤの犬になりさがったか?」「それはこっちのセリフだぞニンジャスレイヤー=サン!」フォレストが吠える。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「おまえこそ、このトレーニンググラウンド内でサバイバルしているおれを排除しに来たのだろうが!イヤーッ!」「イヤーッ!」スリケンと小型マチェーテがぶつかり合い弾け飛ぶ。ニンジャスレイヤーは次の足場へ飛び移った。もう対岸は近い。さらに跳躍!壁へ向かってだ!「イヤーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ゴウランガ!ニンジャスレイヤーは垂直の壁を走った!パルクールのタツジンめいた動きはまさにニンジャの本懐である!「イヤーッ!」そのまま彼は壁を蹴ってバルコニーに着地、苦労して足場を飛び移るフォレスト・サワタリへ容赦なくスリケンを連続投擲した!「イヤーッ!イヤーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「サイゴン!」フォレストはマチェーテ二刀流となり、五連続で投げつけられたスリケンを弾き返した。「ウヌ、グワーッ!」足元がおろそか!円柱状の足場で滑り、落下しかかる!「サイゴン!」彼は咄嗟の機転を効かせて壁にマチェーテを突き立て、ぶら下がった。「よ、よしこれだ!そこで待っておれ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
フォレストはマチェーテを交互にザクザクと壁に突き刺し、ロッククライミングめいてニンジャスレイヤーのいる足場を目指してくる。「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはスリケンを投げた。「イヤーッ!」フォレストは片方のマチェーテでぶら下がりながら、もう片方でスリケンを弾き返す。「やめろ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ソウカイヤの犬でないなら、なぜここにいる。イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはスリケンを投げた。「やめろ!イヤーッ!」フォレストは登りながらマチェーテでスリケンを弾き返す。「フン、宝はやらんぞ。俺はこの戦場で一週間サバイバルした。救援の到着があと一ヶ月延びようと耐える事ができる」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「宝だと?相変わらず盗っ人めいた事をしておるのか。イヤーッ!」スリケン投擲!「やめろ!イヤーッ!」フォレストは登りながらスリケンを弾き返す。「フン、何とでも言うがいい。ソウカイヤは何やらゴタついておったが、お前が原因か。捕虜めいた人間を連れている奴も……んん?となるとあれは」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」「やめろ!イヤーッ!……となるとあれは日頃お前とつるんでいるコーカソイド女か?遠目にはわからなかったが……なるほど!これで合点が行く!おれにとっても僥倖だ!」フォレストは倍速で壁を登り出した。コワイ!「宝がポイント倍点だ!あの女はおれのヨメにするのだからな!」
残りを読む(57)

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2011-05-09 06:46:42
ライク・ア・ブラッドアロー・ストレイト #1 http://togetter.com/li/130014 ダークニンジャ・リターンズ #1 http://togetter.com/li/133345
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする