現実社会でのチートは超一流のレア技術を持っている…のではなく

物事に対して数方向からのアプローチかけつつ、それぞれの方向の知識を連携させて使う。 シンプルなことだが出来ない人が多く、有効。合わせ技って大事
ホリエモン 格闘技 武道 堀江貴文 キャリアプラン 武術 多動力
113
吉村英崇@日本甲冑合戦之会 @Count_Down_000
過去に凄いと思った技術を持っていた人は「超一流のレア技術」を持っている… のではなく、「シンプルな技術を1,5流ぐらいまでの熟練度まで磨き上げ、それを2、3つもって組み合わせ、一つの技となす」というやり方をしていた。 実は今のビジネス本とかでオススメされるキャリアの作り方と似ている pic.twitter.com/ksuVhELZOA
 拡大
竹内修 @otfsx1228
さっきダメそうなコンサル君が言ってた、「日本の技術スゴイ!」の対極にある話だな。 twitter.com/count_down_000…
てつまよしとう @godspeedtetsuma
超一流のレア技術者の方は稀有な才能をお持ちだからこその技術ですので、技術全体から見るなら一人の超一流よりも一流や一流半を増やす方が遥かに大事ですね。 twitter.com/Count_Down_000…
フィレユキ@がんばらなくない @cobra8230
まあ今の会社、文字情報だけ切り取るとブラックなんですけどね。 営業マン時代ベコベコにされた経験値と、中途半端に開発とかweb系やってた知識、絵を描いてるので画像加工、軽い制作物ならパパッと作れる、を組み合わせておっさんなりに戦えているので合わせ技って大事だなってすごく思うtwitter.com/Count_Down_000…
なた @whitecube74U
これ 正直一定水準今従事している分野の技術が整っているならあとは他の分野の知識がフレーバー的にあったほうが人として面白いし仕事も応用が効く twitter.com/Count_Down_000…
吉村英崇@日本甲冑合戦之会 @Count_Down_000
現実社会でのチート能力の使い手は ●才能が必要なレアな技術を求めず、誰でもできる技術を ●普通の人は中々できない熟練度までやる ●同時に超一流を目指すと時間がかかり過ぎるので、「ちょっと凄い」レベルを目指す ●それら複数の技術を組み合わせ「運用する工夫する」 twitter.com/Count_Down_000…
吉村英崇@日本甲冑合戦之会 @Count_Down_000
@kiyoneko777 ホリエモンさんの「多動力 」、金川 顕教さんの「時給思考」って本はメチャクチャ売れてますが、同じようなことをかいてます。他の本にもチラホラあったはず。 いやぁ、どこの業界でもこのキャリアの作り方ってあると思うんです。 超一流には中々なれないし、時間もかかるのでコスパ悪いとも言えます
めだっち(現在地🇯🇵) @medeutsche
@otfsx1228 必要なことは大抵の場所で共通してますなぁ。 物事に対して数方向からのアプローチかけつつ、それぞれの方向の知識を連携させて使うってだけで、こんなシンプルなことなのにできない人って多いんですね。 感…
ベアルン @yoshigaru_uo
バキに出てくる本部さんは超一流なはずだわ twitter.com/Count_Down_000…

枯れた技術の水平思考

元任天堂のゲーム開発者・横井軍平氏の製作哲学。 既にあるものを別の用途へ移行させるという、技術のリサイクル理論。

技術者というのは自分の技術をひけらかしたいものだから、最先端技術を使うということを夢に描いてしまい、売れない商品、高い商品ができてしまう。

人間はついつい「最新技術・便利な性能・流行性」に心を奪われがちになるもので、これに甘えて物を作ったところで、結局は時代に流されて消えていくのが関の山である。

既にある有用な技術の風化を防止しつつ、発想力を鍛えることでより面白みのあるモノ作りを提示しているといえる

(下リンク先より抜粋。面白いので是非、見て頂きたいです)

リンク ピクシブ百科事典 枯れた技術の水平思考 元任天堂のゲーム開発者・横井軍平氏の製作哲学。既にあるものを別の用途へ移行させるという、技術のリサイクル理論。
フィレユキ@がんばらなくない @cobra8230
@Count_Down_000 俺こんなことできちゃうからこれで戦うぜ! ってよりも、 使えるものかき集めて戦うしかなかった っていうゲリラ戦の末の結論ですが、改めて理屈として再認識出来ましたw こちらこそ有益な気付きをいただけました。 ありがとうございますー!

最後までみてくれて有難うございます。

武道武術の世界で感じたことですが、ふとみるとビジネスの世界でも(こそ)よく使われ、様々な本でこのキャリアの作り方が紹介されて面白いのでマトメました。

他にもマトメはあるのでよかったらみて下さい。

ツイートまとめ 『日本刀は2,3人斬ったら使えない』→ そもそも1人で2,3人に勝つのは困難 #ガチ甲冑合戦 #日本甲冑合戦之会 #刀剣 「武士道は死狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの」(『葉隠』より) #ガチ甲冑合戦 「戦国体感セミナー」 5月26日(日) 大阪城近く。 甲冑をまとい、槍と刀を振るい、弓矢を放ってみませんか? 【詳細・申し込みはコチラ】https://ws.formzu.net/fgen/S61976928/ 34905 pv 771 29 users 101
ツイートまとめ 『凄く…熱いです…』火矢を使う解決方法は2つ。我慢する!そして矢を●●する! #日本甲冑合戦之会 #ガチ甲冑合戦 #弓術 映画・刀剣乱舞の撮影に、日本甲冑合戦之会が火矢の製作をし、撮影現場では火矢による攻撃法の指導などを協力しました。 (*映画全体のアクション等の監修を行っているわけではございません。) 火矢、甲冑を纏って弓の集団運用について先月UPされた公式ブログの一部と、それに対する反響をマトメさせていただきます。 18501 pv 537 16 users 43

コメント

ローストの肉 @ROM69787270 2019年4月8日
複数のスキルの相乗効果でチートする。 ……なろうだコレ!
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年4月8日
柔道なんかでも一本背負いで無双って人もまあいるけど、ほとんどは5つぐらいの得意技を駆け引きの道具として使う人が多いんだけどね。
左文字 @dTCKE2MwR8K85o4 2019年4月8日
全日本剣道選手権で上位入賞した人と稽古した事があるけど凄いあっさりしてたな。さらっと高度な技出すから自分でも出来るんじゃないかと錯覚してしまう。
ジョン・ドゥ @antinomie_j 2019年4月8日
単語の意味合いとして違ってきてはいるのだろうけれど、これらを「チート」って呼ぶのは嫌だなぁ……。
さかべあらと(うさぜんざい) @sakabe_arato 2019年4月8日
武術は元々リアル格ゲーコンボよな
ネワノ @One_of_Engineer 2019年4月8日
ドラグナーとドラグーンの関係のようなものだな。
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2019年4月8日
風の魔法と炎の魔法を持っていれば合体魔法が使えて強いが、風魔法と宝箱を開ける魔法とモンスターと会話できる能力があっても器用貧乏でイマイチ魔王戦には向かないてことかな。
NTB006 @NTB006 2019年4月8日
一点集中型の才能って、環境にがっちり合えば正しくチートとなるだろうけど、環境から外れるとその他大勢になってしまう。
やまぬこ @manul_0 2019年4月8日
もうチートの意味変わっちゃいましたね
hpmp @hpmp15 2019年4月8日
つまり、「現代の日本社会で生き抜けている」という時点で既にチートなのかもしれない。実際、他地域と比べても他時代と比べても、仕事に求められている質・量はスゲーと思われ。
九銀@半bot @kuginnya 2019年4月8日
現実でのチートなんて単純に運と才能だろ。こんなものはどうにかして自分にもできるんじゃないかと思い込みたくてごちゃごちゃと訳の分からん理屈を捏ねたがってるだけだ。
tamama @tamama666 2019年4月8日
> 技術全体から見るなら一人の超一流よりも一流半を増やす方が遥かに大事 つまりたった一人の山中教授より10人の小保方晴子のほうが大事!?
Nisemono@MSNF @Fake_Otoko 2019年4月8日
もしかして:シナジー
KLEIN @klein_artifact 2019年4月8日
antinomie_j その過程で培われる人脈や人間性なども含め努力の結果得た周辺要素まで総てを指すものであって、ポンと手に入れる「スキル」ではないですもんね。 平たく「経験」と呼ばれたりするわけですけど、そのあたりを分かっていない色んな意味で「未熟な」人間はそれを「チート」と呼んだり、もっと愚劣な人間になると「努力教」とか呼ぶっていう。
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 2019年4月8日
tamama666 小保方晴子は研究者として計上できない低品質(一流半どころか二流にも三流にもならない)でしたし、それでいて研究職の席を塞いでいたのでむしろマイナスであり、この話の例に挙げるのは全く不適切です。
gunjo-chan @yama4321 2019年4月8日
え?「太い実家に生まれる」じゃねえの? #最初のツイートしか読んで無い
dcyan @hash008b8b 2019年4月8日
コネと社内政治により優れるものはない サル山で餌にありつける間は有効
Shiro @Shiromagenta 2019年4月8日
いくつもの能力を1.5流レベルに上げられるような能力を持っていることがチートだと思う。
alan smithy @alansmithy2010 2019年4月9日
中断前の板垣版餓狼伝に出てきたキャラだな
はるまき@OL民、相互フォロー歓迎 @dethgner 2019年4月9日
複数のスキル持ち合わせるのすごく大事。 私自身めちゃ秀でてる訳ではないけど、なんとか仕事にあぶれずどころかお仕事の依頼が絶えないのは、まさにコレ。 元々バックエンドのエンジニアで現在はデザインとフロントエンドが得意。 裏側の組み方わかるからフロントエンドはどうするかが考えられるし、更にデザイン出来るから設計段階の上流工程にも食い込める。 1人で3役は無理だけど1.5役は出来るので、バックエンド以外ならどこに投入されても他をカバーしつつ人並みに働ける。のだ!
はぜ@むかうところなし @HAZE_ba 2019年4月9日
1.5流の技術をいくつも持ってたら凄すぎるでしょ。3流の技術を沢山でどうにかねじ伏せ、、、 最近ようやくひと技術はきちんと形になりつつあるので良しとしていただいて。
@taiheyou 2019年4月9日
資格でいうなら2級をいっぱい持ってるとかか?うーん、正直いらないなぁ
ミルクジャンキー@足首靭帯治りかけ @around_a_man 2019年4月9日
違法な手段で獲得した訳でもない能力をチート呼ばわりですか・・・
cinefuk 🌀 @cinefuk 2019年4月9日
#チート(cheat:不正)という言葉を、「卓越した能力」全般を指す言葉として誤用を続けたなろう系作家(読者)を憎むしかない。 around_a_man 現実世界における「チート」とは、たとえば賄賂とか、権力・立場を利用した利益誘導とか、そういったものを指すべき
LINSTANT0000@蛮神の心臓無いマン @linstant0000 2019年4月9日
なろうより前からこの手のチート扱いするのは、ゲーム界隈でいくらでもあったんだよなぁ()
kaworu @KaworuKaworuel 2019年4月9日
cinefuk なろう系でチートとされる能力は大抵の場合、超越者等から例外的に付与された能力を指します、チート(不正)と表現するこは差ほど不自然な表現ではないですね。http://kazenotori.hatenablog.com/entry/2018/07/07/182439で考察されてますが 、時系列を考えても「なろう系」が誤用の原因とは考え難いです。
ミルクジャンキー@足首靭帯治りかけ @around_a_man 2019年4月9日
cinefuk なろう作品がMMORPGの影響を多大に受けていることを考えれば、実際のチート以外にも、非常にバランスが偏って強い種族やジョブ・スキル・レア装備アイテムに対して「こんなのほぼチートだろ」みたいな表現をしていたのがなろうでの「すごい」的な用法の由来だろうというのは分かるんですけど、なろう(と延長上にあるラノベやアニメ)をバックボーンに持つ人の中でしか肯定的に使われないことは、もうちょっと意識すべきなんじゃないかと思うんですよね・・・
kaworu @KaworuKaworuel 2019年4月9日
KaworuKaworuel ですねリンク先にありますが2007~2008年頃にはゲームキャラの性能や、ルーデルやシモ・ヘイヘ等の実在の人物に対して使われています。
kaworu @KaworuKaworuel 2019年4月9日
あ、まちがえた@linstant0000にへのレスでした。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2019年4月9日
around_a_man 理不尽に強い敵キャラに「こいつチートだろ」みたいな文句はプロアクションリプレイの頃から言ってたし、逆に「勇者」は敵からすればチートキャラそのものだってのもよくあったし。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2019年4月9日
around_a_man 英語圏のゲームで、称賛をこめて「すごい!」と言おうとして「U R #CHEATER!」と発言してしまうキッズがいたら…と想像して、ちょっと笑ってしまった
ミルクジャンキー@足首靭帯治りかけ @around_a_man 2019年4月9日
mtoaki ゲーム界隈で、ゲームバランスを崩す程強力な何かを「不正ツールの使用」に例えて「チート」と呼ぶことはもちろんあったと思いますが、そのどちらの例も否定的な用例ですよね。 まして、今回みたいな、個人の資質の差はあれど、修練と創意工夫と試行錯誤の末に獲得した技術に対して使うには、「チート」という言葉は、あまりにもそれらを軽視しているのではないかと思うのですよ。
救空【スクエア】 @sikaku615 2019年4月9日
修練や努力の結果手に入れた、卓越した能力に対して肯定的な意味で「チート」と使う用法は、なろう系発祥のものでも、日本ローカルのものではありません。試しに「ohtani cheat lang:en」とかでツイート検索してみるといいですよ。
与太八 @farmers_father 2019年4月9日
一歩間違えると器用貧乏になってしまう危険性を孕んでいる
虎次🐯5月19日(日)はG祭でガンダムを唄おう! @tora_2com 2019年4月10日
似たような用法で、不正や卑怯な行いをしてない人を「ずるい」と評するのも個人的には嫌い。才能に恵まれた人とか、それこそすごい努力してる人すらに対してすら結果だけ見て言う人がいる。いやその人がずるいんじゃなくて、アンタがうらやましいんだろ。
mmsaito @mmsaito1987 2019年4月10日
チート/cheatはカンニングに対する正しい英語という印象がまだ残っているのだが、チートもJapanese-English False Friends のメンバーになってしまったかと感慨深い それはともかく一点豪華主義はオールラウンダーには叶わないというのは納得
endersgame @endersgame3 2019年4月10日
優れた能力をチートって言うのはネトゲ等のチート検出ロジックにおいて「普通の人間にはできないような事を人力でやってしまった」ことでチート扱いされてしまう事が起きたあたりから増えた気がするが。わかりやすいのがマクロ検出に引っかかったけどただただ人間が同じ行動を延々と繰り返してただけだったとか。音ゲーなんかでも1フレームのブレもなく正確に叩き続けてるとチート扱いされるゲームもあるらしい。
𝘼𝙩𝙨🕊️(おかあつし) @ats4u 2019年4月10日
あまり目先の技術ばかりに特化すると、企業にすぐ使い捨てされる。 超一流って、しばしば『基礎』が超一流なんであって、何かに特化して超一流になるわけではなくて、基礎が超一流だから何をやらせてもある程度の一流を実現できるという面がある。 基礎がないところで一流半を作っても、点と点の技術にしかならない。時代によって求められる技術はガラッと変わるから、時代が変わった瞬間に対応できなくて絶滅に。
八本しめじ @Eight_Shimeji 2019年4月14日
一つを極めるのではなく多くを修める、ってヤツですな
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする