51
思考と感情が破壊されている原因

インドの哲学者クリシュナムルティは言う

Krishnamurti @krishnamurtibot
あなたは「しなければならない」「してはならない」という学校で育てられ、それによって思考と感情を破壊してきたのです。あなたはシステムや方式、教師たちによって縛られ不具化されてきたのです。だからそれらすべての「しなければならない」「してはならない」を捨てなさい。
シバヘイズ @world420
「しなければならない」「してはならない」という学校で育てられ、それによって思考と感情を破壊されてきたのです、とインドの哲学者クリシュナムルティは言うけど、まさにそうだと思う。日本の義務教育を受けるだけで「罪悪感」や「不安感」みたいなものを植えつけられてしまうのではないだろうか?
シバヘイズ @world420
「答を探し出すという心」を失わないこと。探検・探索・フィールドワーク…呼び方はいろいろあるけど、何かを発見するための冒険的活動を続ける。しかし現状は、日本には個人の冒険を許さない「右へならえ的な空気」が充満していて・・・その空気が若者たちの健全な冒険心をも失わせているように見える
HAZE @nl_5
真偽を自分自身で確かめる行為は日本では許されない。予めレッテルが貼られた(大麻=悪など)情報を鵜呑みにする事だけが、学校では強要される。「大麻(覚醒剤も同じ)は本当に言われてるほど危険なのか?」と自ら真偽を確かめる行為は絶対に許されない。許されるのは鵜呑みだけ…これを洗脳という。

しかし、
アインシュタインはこう言っている

アインシュタイン名言集 @Einstein_ja
重要なことは、疑問を止めないことである。探究心は、それ自身に存在の意味を持っている。
HAZE @nl_5
「もっとも重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気だ。あなたは本当になりたいものを、すでによく知っているのである。常識にとらわれないように。時間は限られているのだから、無駄に過ごしてはいけない。他人の意見が雑音のように、あなたの内面の声をかき消したりすることのないように」ジョブズ
HAZE @nl_5
日本人のほとんどは「他人からどう思われるか?」ばかりを気にしているのではないだろうか?しかし本当は「自分を信じること」のほうがずっと大切なのだ。人から聞いたことや教えられたことは忘れて、自分で実体験したことを元に、心から実感できることだけを表していけば、自分は取り戻せる。
SHIVA @francisco_bot
「みんなもこう思うよね?」みたいな言葉を発しているうちは、自分を信頼することができない。なぜなら、それは自分を疑っているからこそ出る言葉だから。そうではなく「自分はこう思う」という、率直な思い。誰にも認められなくても、自分だけは心から信じられる想いだけが、結果的に影響力を持つ。
学校教育の何が悪いのか?
シバヘイズ @world420
義務教育は、子供たちに「罪悪感」や「不安感」を植えつけ、「思考停止」に導く。学校教育で行っているのは個人の思考力を捨てさせることでしかない。与えられた情報をもとに「それは真実だろうか?」などと考えることは許さない教育。「ダメ。ゼッタイ。」と覚えさせる薬物教育は、それを象徴している
SHIVA @francisco_bot
学校教育やテレビで植えつけられる信仰(例) ・原発は安全 ・大麻は危険 ・アメリカは素晴らしい国 ・自分は大した事のない人間 ・ひとりでは何も出来ない ・国家は国民を守る ・医者から処方される薬は安全
HAZE @nl_5
日本では「価値観」が一つに統制されているんだよ。大麻が危ないとか、原発は安全とか。誰かが勝手に「物の見方」を決め、国民はただそれを「常識」だと信じるよう強制される。疑うことは許さない。研究も許さない。日本人は、考える力を奪われ、たった一つの視点で物事を見るように管理されている。
Krishnamurti @krishnamurtibot
私たちはほとんど独立した思考や感情というものを持ちません。思考や感情が起きるとき、それらは単なる反応で、だからそれは既成のパターンから自由なものではないのです。反応…の中には自由などないからです
アインシュタイン名言集 @Einstein_ja
私の学習を妨げた唯一つのものは、私の受けた教育である
アインシュタイン名言集 @Einstein_ja
自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。
シバヘイズ @world420
基本的に「どこかに正解がある」という発想をやめたほうがいい。この発想こそが学校教育によって叩き込まれる奴隷精神の源である。
HAZE @nl_5
大半の日本の学校は、子供たちに「黙って言うことを聞け」「独自の思考を持つな」ということを調教し、感覚を麻痺させる場でしかないから。「自力で真理を導く」という意識自体が、学校教育を真に受けるだけで失われてしまうんだよ。「真理は自分以外のどこかの誰かが発見するものだ」と思ってしまう。
シバヘイズ @world420
他人が何を言おうがスルーしてればいいんだよ。自分以外のことに無駄に影響されて反応しないように、なるべく気を配ったほうがいい。時にはブロックやミュートも効果的だ。他人の意見は他人の意見。だいいち視点が違うんだから。あなたは、あなたを信じるのがいいの。それが近道だよ。 @nl_5
アインシュタイン名言集 @Einstein_ja
私の内面や思考の方法を吟味してみると、確かな知識を吸収する能力よりも空想する能力(変わった思いつき)のほうが私にとって重要であったと言う結論に至ります。
SHIVA @francisco_bot
アインシュタインは学校時代を振り返って、こう語っている。 「わけもわからず機械的に暗記させられるくらいなら、ありとあらゆる罰に耐える方がマシだった」 そして、 「科学者になって真理を導く上で、もっとも邪魔になったのは学校で受けた教育だった」とも。
アインシュタイン名言集 @Einstein_ja
好奇心が正規の教育を生き延びるのはある種の奇跡である。
残りを読む(13)