中世パン図鑑

毎晩寝る前に1ツイートでお知らせする中世ヨーロッパの各国のパン事情を、まとめました(定期更新予定)。 2015年6月7日最終更新 【目次】 中世フランスのパン図鑑 続きを読む
歴史 料理 中世 パン 食文化 中世ヨーロッパ 食文化史 西洋中世史
169294view 45コメント
758
中世パン図鑑

pic "Medieval baker"

 * ~ ヨーロッパ・パンの源流へようこそ ~

はじめに:中世パン図鑑で扱う「中世ヨーロッパ」とは?
tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 パン図鑑で扱う中世ヨーロッパ① 中世パン図鑑における「中世ヨーロッパ」について。期間は基本的に5世紀ー15世紀。場所は西はスペインから東はポーランドあたりまでを想定。ただし英仏両国以外の国ごとのパンの詳細な紹介は難しい。 pic.twitter.com/yEFyN42dPo
 拡大

 一般にヨーロッパの「中世」時代はおおよそ5世紀から15世紀あたりまでとされている。

1000年もの長い期間のため、中世初期(500-1000年頃)、中世盛期(1000-1300年頃)、中世後期(1300年-1500年)に分けられる事もある。

 中世の前の時代が、古代ローマ帝国に代表される古代。

 中世の次の時代が、ルネサンス・宗教改革・大航海時代に始まる近世となる。

「ヨーロッパ」とは

 ヨーロッパ大陸はユーラシア大陸の西端の以下の条件で囲まれた陸地となる。
・モスクワのずっと東側にあるウラル山脈
・黒海とカスピ海の間にあるカフカス山脈
・黒海、地中海

 政治勢力圏としての「ヨーロッパ」は歴史と共に常に変わってきた。

中世ヨーロッパはどんな時代?

 一般に中世ヨーロッパは、童話やおとぎ話のようなメルヘンなイメージ。もしくは全く逆に無知と暴力が渦巻く暗黒時代のイメージの両極端で語られがちだ。

 かつてヨーロッパでも、近代社会を作っていく上で中世は抜け出すべき悪しき時代として叩かれ蔑まれていた時期があった。

 しかし近年では、古代と近世をつなぐ時代としてそれなりの役割をもっていたとして見直され、様々な研究を通してどんな生活をしていたかおぼろげに見えてきた。

 このまとめでは、その研究成果のほんの一部を元に、パンという切り口で中世をながめてみようというものである。

tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 パン図鑑で扱う中世ヨーロッパ② 期間は一般的定義かつ主要参考文献の範囲が理由である。ジャック・ル・ゴフらのように社会生活面で18世紀まで中世とする立場もあるが、社会風俗、流通する材料、技術の変化から一般的定義の中世とする pic.twitter.com/1qqXtRkSXY
 拡大

pic"Half Moon in Hudson"

 封建制がおおよそ18世紀まで続くため社会生活的にはそれまで中世とほぼ同様と考える見方がある。

 しかし料理やパンの発展を見ると、近世以降に様々な食材や技術が普及していく中でそれまでとはまた違うパンになっている。

 そのため中世パン図鑑における中世の範囲は従来通り概ね15世紀あたりまでとする。

tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 パン図鑑で扱う中世ヨーロッパ③ 地理的範囲については筆者の情報収集能力に負うところが大きい。日本語もしくは英語の情報を基本に集めているものの、英仏独のパン以外については2言語で読める情報が少なく結果的に少ない紹介となる pic.twitter.com/VjYDjiOlIt
 拡大

pic"Meister des Codex Amiatus"

 既にカタログとしてフランスとイギリスの中世のパンを紹介している。

 現在、中世のパン作り事情を紹介しており、それが一段落した段階でドイツ、オーストリア、ポーランド、イタリア、スペインなどの各国の中世のパンの紹介に入る予定である。

中世フランスのパン図鑑
tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 「中世のパン」F・デポルト パンは貧富を問わず基礎的な食料であり、13世紀には小麦パン、ライ麦パン、混合麦パンなど様々な配合のパンが違う種類のパンとして販売されていた。一方形状はどれも丸パン(小:球状、大:平パン)だった pic.twitter.com/31tYmNkIrt
 拡大
tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 ダンレのパン 誰にもパンが買えるようにとパンは常に1ドゥニエで売られていた。パンは1ドゥニエ銀貨で買える商品、即ちダンレの代表だった。材料の価格変動をパンの大きさを変えることで対応する事を16世紀まで続けた。 pic.twitter.com/7CLZNw9xpC
 拡大

pict"Denier Charlemagne"
Attribution: Classical Numismatic Group, Inc. CC BY-S A3.0

中世フランスの貨幣
 ドゥニエ銀貨の名前はローマ帝国の銀貨「デナリウス」を受け継いだものと言われている。

 8世紀にカール大帝が1リーブル=20スー=240ドゥニエという通貨制度を制定した。

 しかし実際に貨幣として発行・運用されたのはドゥニエ銀貨が殆どで、富裕層は11世紀頃まで東ローマ帝国が発行したソリドゥス金貨を使用していた。

 11世紀以降実際の通貨はドゥニエ銀貨のみとなり、リーブルとスーは会計上の概念通貨としてのみ利用されたようだ。

 13世紀にルイ9世によって国際貿易振興のために聖ルイのグロ貨(12ドゥニエ相当)、エキュ金貨(10スー相当)が発行された。

 1360年の百年戦争期には、国王ジャン2世を解放する身代金として1リーブル相当としてフラン金貨が発行された。

 農民への貨幣浸透と共に身近になったドゥニエ銀貨は、13世紀により質の良いグロ銀貨の普及に伴い使われなくなったようだが、単位としてのドゥニエはその後も使われ続けたようだ。

 1ドゥニエ商品を表すダンレ(denrées)は今日ではフランス語で食品を意味する。

 日本円に換算した場合の価値は一概に言えないが、500円相当とする考え方もあるようだ。

参考サイト
東京外国語大学 大学院総合国際学研究院川口裕司研究室 中世の貨幣
コインの散歩道 ヨーロッパの中世 1481年 ~ フランスのパンの値段
French denierFrench livreFrench franc

tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 パン・ドゥ・ポワーズ ライ麦パン 650gで1ドゥニエ。二級品扱いで重量を一定に価格を変動させて対応した。ライ麦専門店が多数あった。eighty percent rye bread with flax seeds flic.kr/p/4oRt1W
Flicker by sierravalleygirl CC BY-NC 2.0

 
 北フランスのトロワ、ランス、ナント、レンヌ等では、小麦パンを扱うパン屋とライ麦パンを扱うパン屋は厳密に区分されていた。

tenpurasoba @tenpurasoba4
中世パン図鑑 白パン 上等の小麦製のこのパンは、古くから美食家のための一番風味豊かなパンとされてきた。葡萄酒やチーズと一緒に味わって食べる「口のパン」パン・ド・ブーシュなど様々な呼称があった。 Pane Paisano flic.kr/p/bNDXSP
残りを読む(360)

コメント

tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年10月4日
とりあえず。まとめてみました。
肛門テクノブレイク水戸のご漏公 @totty2nd 2014年10月5日
途中からしか追ってなかったので、これはありがたい
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2014年10月7日
重さの分布からパン屋の不正を見抜いたのって、Fisherだったっけ…
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年10月8日
>パン屋の不正を統計で看破 ポアンカレにそういうエピソードがあるようです。ロナルド・フィッシャーの方は、「紅茶が先かミルクが先か」を検証するのにランダム化比較試験を使ったエピソードがあるみたいですね。コメありがとうです。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年10月19日
「中世パン図鑑」を更新しました。オマケや補足説明も追加したので良かったらご覧になってください。
シャオリエル @xiaoli888 2014年10月24日
わー面白い!パンが食べたくなってしまった。パン・デピスは中国から伝来したそうだけど元ネタはどんなんだったんだろう?
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年10月25日
パン・デピスの元ネタ私も気になります!こちらによると(http://www.galettedesrois.org/news_and_info/?p=1065)、ミ・コンと呼ばれる宋軍の兵糧食で、蜂蜜たっぷりの滋養食だったみたいです。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2014年10月28日
「アルプスの少女 ハイジ」に出てきた白パンは、上流階級向けのパンだったんですね。宮崎アニメの特徴でもある「美味しそうな食べ物」のご多分に漏れず、このアニメのパンはどれも美味しそうだった。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年10月30日
10月30日までの分をまとめました。補足説明もありますのでよかったらご覧になってください。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年11月10日
11月9日までの分をとりあえず更新しました。 取り急ぎの更新申し訳ありません。 オマケや補足は後日こっそり追加していきます。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年11月18日
補足内容を含め、更新いたしました。ご覧いただけると嬉しいです。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月1日
11月29日までの分を更新しました。パン紹介が一段落し、パン作りの話に入っています。 良かったらご覧いただけると嬉しいです。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月7日
12月7日までのまとめを更新しました。麦の説明に加筆し、中世前夜であるローマ帝国時代のフランスの説明をしてます。ここから「ゲルマン民族の大移動」を経て混乱の後に様々な技術を取り入れていきます。ご覧いただければ幸いです。
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年12月9日
恥ずかしながら、このまとめを見て初めて、貨幣の「クォーター」の意味と意義を知りました。…そりゃぁ半分半分に割る(物理)なら、1/4という単位が流通するよなぁ…。
Yazack @ares1984c 2014年12月10日
樹海の中に荘園が点在してるという、中世欧州のイメージはなかなか鮮烈だなあ。映画「The Village」みたいな感じだったんだろうな
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月10日
Future_Men ハイジのおじいさんのパンとチーズおいしそうですよね!ハイジの舞台は19世紀ですがアルプスの山間の寒村だとライ麦か燕麦ぐらいしかろくに育たないので小麦の白パンはめったに食べられなかったでしょうね。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月10日
Halfriceset 私も調べるまでなんでハーフとかクオーターとかややこしい計算させるのか不思議でした!ペニー銀貨の十字の刻印は宗教的権威だけじゃなく割りやすくするためという事情もあったみたいです。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月10日
ares1984c 鮮烈なイメージですよね!映画「The Village」は森の中の孤立した村の雰囲気を良く伝えているなと思います。アメリカや北海道の開拓時代初期とかも同様だったでしょうね。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2014年12月11日
tenpurasoba4 いつの間にかまとめが追加されてる!これから楽しみながら読みますね。おじいさんがパンを手に入れるのに苦労したり、ペーターのお祖母さんにおいしい白パンを食べさせようと自分では食べずにタンスに隠したり、あのアニメではパンは生活の象徴でした。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月11日
Future_Men ありがとうございます!あのエピソードで白パンはハイジを象徴する食べ物の一つになったようですよね。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2014年12月29日
まとめ最後の部分に補足説明を追加しました。 「中世パン図鑑」
EOL/ヤドクガエル @EOL_st 2015年1月7日
面白く読ませていただきました。 ただテーマが広すぎて煩雑な印象を受けましたので、三つくらいに分割した方が分かりやすいかと思います。 それと粉挽き小屋については、使用料が小麦粉の一割前後だったかと。そこで使用された石臼は、たしか9世紀ごろスラブ方面から徐々に広まってきたものでした。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年1月7日
コメントありがとうございます!ご指摘頂いている点に関しては仰るとおりだと感じます。一段落ついた段階で別冊として分けるか検討したいと思います。粉引き小屋の情報ありがとうございます!再度粉引き小屋に言及する予定ですのでその際参考にさせて頂きます。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年1月18日
中世パン図鑑を更新しました。ケントゥリオP様他、様々なご指摘やアドバイスを下さった方々に深く感謝いたします。またまとめの半分を占める中世農業の成立過程については完了後別冊にする予定です。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2015年2月3日
物理的四つ割りは十字の切れ目が入れられて焼かれたパンが先か四つに割り易くした貨幣が先かは分からないけど、焼いたら四つに割り易かったパンが先なら東西の穀物の違いは数え方も決定付けるほど重要だったという事だろうか。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年2月3日
hiruneskey 非常に興味深いご指摘だと思います。思わずうなってしまいました!古代ローマの時点で8つに割れるパンが生産されていたのでそういう可能性もあるんじゃないでしょうか? 
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年2月22日
麦の選別から水車・風車、粉引きに至るツイートを追加しました。補足については後日おいおい追加してまいります。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年3月8日
まとめを更新しました。補足説明については更新が遅れています。ご迷惑をおかけします。後日少しづつ追加してまいります。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年3月29日
中世パン図鑑に最近のツイートを追加しました。 中世パン図鑑は、「パンを焼く」についてのツイート全て終えたあと、第1巻完了としたいと思います。パン焼きのネタはまだしばらく続きますのでもうしばらくお付き合いください。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年5月29日
米が通貨の代わりをした日本をずっと異質な文化だと思ってたけど、通貨の基軸がもともとパンだったって考えるとそうたいして変わらねぇんだなって思うわw
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年6月7日
「中世パン図鑑」の補足事項も含め、最終的な更新終了となります。今までご愛読いただき誠にありがとうございました。
S.L.K.🔞NSFW4U【R.Avatar】 @SOLVER_LK 2015年10月12日
パン! パン! ヨーロッパにおける小麦の取扱いと、それをとりまく社会情勢を知る、ものすごくおもしろいまとめだった!
ちょこらーたはジムキャノンがお好き @tyokorata 2015年11月15日
ファンタジー警察が悶死するレベルの知識。知識やリアリティも程々にね、という。大変参考になるお話。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年12月28日
「ハイジの黒パン」の記事は面白かった。白パンに憧れる気分は納得できる>「1950年代くらいまで、スイス山奥の家庭では年に数回しかパンを焼かなかったそうだ。パン焼き用の窯は村の共有物で、一家が消費する数カ月分のパンを一気に焼き上げ、貯蔵庫に保存。パンは貯蔵しているうちに当然石のように固くなり、ナイフの刃が立たなくなってしまう。究極まで石化したパンは、水や牛乳に浸して別の形に料理された」 https://t.co/QAe0KoewmF
佐渡災炎 @sadscient 2016年12月28日
ハイジのパンやチーズは特に当地の文化や時代背景を考証した結果ではなく、完全に想像で描かれたという話を聞いたことがある。
安達万里子@ピカチュウ=兵長廃人 @pika32marie_new 2017年5月7日
一冊の本を読むようなまとめ 図版にリンクがある点が、紙の本より優れている テクノロジーバンザイ!
ウェーバー・アデマイド @kounishinobu 2017年5月7日
大変に興味深いまとめですね。堅い食事パンが食べたくなります。
miki-shigure0218 @mikishigure0218 2017年11月6日
昔は貧民食・飢饉用の代用食だった「ふすまパン」が、現代で糖質制限ダイエットの英雄として脚光を浴びるとは…
荒川1号 @arakawa1go 2018年1月1日
面白いす。興味深いです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする