編集可能

法学は科学たりえるか/科学の反証可能性

@currywhatsさんの疑問から端を発した一連の議論。 法学は科学たりえるか→科学の要件→反証可能性と話は移っていきます。 また、後半部分は@yutakioka氏も独自にまとめていらっしゃいます。 http://togetter.com/li/57700 こちらはコンパクトに、見やすくまとまっています。
24
@currywhats

@tamai1961 素朴な疑問です。法学は科学たりえるのでしょうか。

2010-10-05 21:13:23
玉井克哉(Katsuya TAMAI) @tamai1961

いまわれわれが科学と呼んでいるのは、17世紀以降に成立したものです。法学は11〜12世紀に成立したものですので、科学ではありません。 RT @currywhats 素朴な疑問です。法学は科学たりえるのでしょうか。

2010-10-05 21:27:24
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

本来、取り組むべき課題かと思います。RT @tamai1961: いまわれわれが科学と呼んでいるのは、17世紀以降に成立したものです。法学は11〜12世紀に成立したものですので、科学ではありません。 RT @currywhats 素朴な疑問です。法学は科学たりえるのでしょうか。

2010-10-05 21:31:30
@currywhats

@tamai1961 なるほど。法学者が科学者然としていない理由が分かりました。ありがとうございます。

2010-10-05 21:31:36
@currywhats

@HYamaguchi 科学でありたいのであれば。課題となりますが、@tamai1961氏は「科学ではない」と断言されました。

2010-10-05 21:42:53
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

@currywhats 法学が社会の問題に取り組むものである以上、人間のより深い理解を求めるべき。その手段があり、知見も蓄積されつつあります。法学者が取り組まないなら、その役割が他の分野の研究者にとって代わられるでしょう。

2010-10-05 21:46:15
@currywhats

@HYamaguchi このような意見があり、気になりました。 http://is.gd/fLYB8 どのように考えますか?

2010-10-05 21:49:10
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

@currywhats 個人的意見ですが。法をルールの体系としてみるなら、プログラミングと近いもののように思われます。法学は理系とすべきという意見の方もいました。しかし法には「どうあるべきか」みたいな議論の領域があるはず。そこでは人間に関する理解が不可欠かと思います。

2010-10-05 21:53:52
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

@currywhats 人間やその集合体がどのように考え、ふるまうかについての知見は、自然科学、社会科学の双方で蓄積されつつあります。ご紹介の文章にある「権力とのせめぎあい」についても同様ではないかと思います。

2010-10-05 21:56:48
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

@currywhats モデルではとらえきれない部分があることは否定しませんが、だからといって現代科学の知見をまったく利用しないでいいという話にはならないでしょう。実際、現場で立法や法の運用に携わっている人たちは実質的にさまざまな科学的知見を活用しているはずです。

2010-10-05 21:58:53
@currywhats

@HYamaguchi なるほど。統計学的に処理するということでしょうか。

2010-10-05 22:00:23
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

@currywhats 法を考える際に、人間の性質をよりよく知れば、より守りやすい規定、みたいなものができるかもしれませんし、どちらに権利を認めるべきかといった課題に対する考え方もちがってくるかもしれません。

2010-10-05 22:01:07
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

@currywhats 法学者がこの分野に背を向けているのだとすると、他の分野の研究者がどんどん進出してきて中間領域が発達し、法について何かを決めたり検討したりする際に「純粋」な法学者の関与できる余地は減っていくのではないかと思います。

2010-10-05 22:03:40
@currywhats

@HYamaguchi 私そう思いました。当の法学者はそれを認識していないのではないでしょうか。

2010-10-05 22:16:34
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

個人個人の問題ではないと思います。それぞれ専門がありますから。ただ全体として取り組みが足りないような気がします。RT @currywhats: @HYamaguchi 私そう思いました。当の法学者はそれを認識していないのではないでしょうか。

2010-10-05 22:39:07
うめだ なつき @natsukimale

1980年頃多くの法社会学者が法学に科学性を見出そうとしましたが、結局は論理矛盾を起こして理論は自己崩壊したと聞きます。 RT @HYamaguchi: 本来、取り組むべき課題かと思います。RT @tamai1961: (法学は)科学ではありません。 RT @currywhats

2010-10-05 22:40:05
@currywhats

@HYamaguchi 学会が取り組むべき課題と言うことですね。そうあることを願います。

2010-10-05 22:41:16
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi

その後現在に至るまでの科学の発達は無視されているのでしょうかRT @natsukimale 1980年頃//論理矛盾を起こして理論は自己崩壊したRT @HYamaguchi 課題RT @tamai1961 (法学は)科学ではありませんRT @currywhats

2010-10-05 22:47:29
あいはばぺん @I_have_a_pen

自然科学はあくまで、正解は自然現象ですが、社会科学は人によって正解の解釈が変わりますからねぇ・・ @natsukimale: 1980年頃多くの法社会学者が法学に科学性を見出 @HYamaguchi: @tamai1961: (法学は)科学ではありません。 @currywhats

2010-10-05 22:56:55
@currywhats

@I_have_a_pen @HYamaguchi 法学の体系そのものに、法学を科学として扱えない問題があると感じます。法学は科学としてはまだ未成熟なのだと思います。ゆえに法学的な成果は客観的でなく主観的になってしまうのではないでしょうか。(法学を貶めるつもりはないですが)

2010-10-05 23:03:46
うめだ なつき @natsukimale

科学「技術」の発達に伴って科学の「概念」も同時に発達しているのであれば、それを取り入れた新たな法社会学が価値を持つかもしれませんね。 RT @HYamaguchi: その後現在に至るまでの科学の発達は無視されているのでしょうか @tamai1961 @currywhats

2010-10-05 23:10:17
あいはばぺん @I_have_a_pen

例えば、生物学でもよくわからない部分は多くあります。脳については判らないことが多いと思います。科学と言われるものは仮説と検証の繰り返しで、普遍的な真理を探求すれば科学として成り立つのではと思ってます。@currywhats: @HYamaguchi 法学の体系そのものに、法学を科

2010-10-05 23:12:41
@currywhats

@natsukimale @I_have_a_pen @HYamaguchi ざっとこんなとこを読んでも科学の概念が変化していることはわかります。http://is.gd/fM6M0 問題はそれを自発的に行うかどうかではないでしょうか。

2010-10-05 23:17:31
あいはばぺん @I_have_a_pen

(質問)自発的に行うとは、どのようなことでしょうか? @currywhats: @natsukimale @ @HYamaguchi ・・・科学の概念が変化していることはわかります。http://is.gd/fM6M0 問題はそれを自発的に行うかどうかではないでしょうか。

2010-10-05 23:24:15
@currywhats

@I_have_a_pen 法学に携わる人間が自ら、科学的体系を確立する、または、科学の概念を変えるということです。

2010-10-05 23:30:25
残りを読む(274)

コメント

うめだ なつき @natsukimale 2010年10月8日
「法学は科学たりえるか/科学の反証可能性」を編集しました。トゥギャり後にいただいた瀧岡氏の返答を追加してあります。
0
🦅あえとす⛩️ @aetos382 2010年10月8日
これに限った話じゃないが、コメントをつけない RT をトゥギャる必要はないというか、読みにくくなるだけだよなぁ。
0
ステレ(菅野たくみ/ステージレフトP) @elderalliance 2010年10月8日
「ゲーデルの不完全性定理」と「科学的方法」をwikipediaで引くと、ここの議論が全部ひっくり返る。適切な証拠・結論・推論は当然用意されてるだろうから、法学は科学と言っていいような気はするんだが。
0
うめだ なつき @natsukimale 2010年10月8日
【編集】現時点までのツイートを追加しました。また、@aetos382さんのご指摘に同意し、コメントなしのRTは削除しました。
0
@currywhats 2010年10月9日
elderalliance様のコメント、私も考えました。全体を見てみると「科学」の概念(定義といいかえてもいいです)がまだ未成熟であるように思います。(その分成長するということ)最初の私の問い「法学は科学たりえるか」が、「そもそも科学とはなにか」になっているところからそう思います。私の素朴な疑問から沢山の論客のみなさんが活発に意見交換しているのを拝見し、大変興味深く読ませていただきました。こんどは別な角度からアプローチしようとおもいます。そのときはnatsukimale様よろしくお願いします。(笑)
0
うめだ なつき @natsukimale 2010年10月9日
@currywhats 別の角度……科学の次はなんですか。物語ですか芸術ですか。笑
0
m @myogab 2010年10月9日
科学とは、多数決とは別の方法による合意形成のための手段。もしくは様式。
0
うめだ なつき @natsukimale 2010年10月13日
8日23:04の私のツイートにおいて「統一した『科学』の定義が存在するという @lawkus さんの見解に~」と発言しましたが、そのような意図ではなかったとのご指摘をご本人より受けました。私の誤解に基づいた発言であったことをお詫びいたします。
0
Spica @Kelangdbn 2010年10月15日
tamai先生「いまわれわれが科学と呼んでいるのは、17世紀以降に成立したものです。法学は11〜12世紀に成立したものですので、科学ではありません。」 は雑過ぎる論法。 私の「学生を就職調査に協力させて勉強の邪魔すべきでない」に、 「私の考えとは違います」 rionaokiさんの「優秀な人が法曹になるのは社会的に無駄では?」に、 「USでは優秀な人が法曹になるからそれでいい」 …毎度緩い。
0
@currywhats 2010年12月20日
時間をおいて再読すると、これまた味わい深い。現在を起点に途中経過をぶっ飛ばして、ずっと先の未来を考えた。法学が科学のエンジンになったら、対象となる集合に対して、理想の法体系を作ることが導かれ、その運用方法も格段に効率的になる、誤謬の少ないものになる。運用方法も刷新され、法に守られるべき人が守られ、裁かれるべき人が裁かれる日がくることを期待します。
0
@currywhats 2010年12月20日
もう一つだけ。最初に生まれたものから成長する過程で、「出来上がっている物」と「出来上がってない物」があるとして、出来上がっていることを誰が決めたか。決めた当人にしてみれば別な見方もあると思う。ならば、出来上がっていることの判定方法は共有財産だ。当初の目的とは全く違う価値が生まれる。そのようなものが生まれるのが創造的な議論・討論だと痛感した。
0
うめだ なつき @natsukimale 2010年12月24日
私も再読してみました。途中無学をさらけ出している場面もあり、恥ずかしい限りだ。でも、結論の部分(7日15:17のツイート)ではうまくまとめられた・・・かな?
0
Yuki Miya@ζῷον μόνον @felicitas01ARB 2013年1月24日
「科学」という言葉がそもそもバズワードになっているような気はします。「人文科学」「社会科学」「自然科学」というときの「科学」と「反証可能性を基準とする」というときの「科学」とは明らかに別物ですから…
0
ハドロン @hadoron1203 2015年8月16日
「科学」は自然科学における普遍的な原理を探求する学問だから、社会科学において対置すべき分野は実用的な「法学」ではなく「哲学」あるいは「倫理学」でしょう。逆に「法学」にあたる理系分野は「工学」ではないか。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
法学の現状は社会「科学」でないどころか、社会「工学」ですらない。法学書を読むと分かるが、そもそも「社会科学」的な手法になっていない。日本でしか通用しない国内法の解釈を書いてるだけだからな。経済のグローバル化した現在、アメリカやEU圏の民法・商法・会社法も無視して日本の国内法の民法・商法・会社法の傾向を語るのが、もはや「工学」とは言えないだろう。機械工学も電気工学も一応、世界各国で通用しますので。機械工学を法学と一緒にされたら迷惑です。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
しばしば「経済学は役立たない」とか言われるが、しかし法学と比べたら経済学は遥かに普遍性が高く、社会科学としてなら経済学は、法学よりも高級だろう。 一応、経済学は、世界の多くの国で通用する傾向が記述されているし、統計的にも、行政統計などで、ある程度は検証されている。 一方、一般的に法学書の多くは、国内法の解説しか書いてない。これは、大学教科書ですら、そうである。 例外的に国際法などの教科書か、または憲法の教科書の前半部でないかぎり、国内法ばかりの解説である。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
法学の理論の多くは、統計が無い。具体的な個別の法の成果の有無を、ろくに統計的に検証していなく、立法者にとって何の実用性が無い。そもそも、「統計をとって、〇〇を検証しよう」という発想じたいが、もう法学の主流に無い。 たとえば、「昔のアメリカで禁酒法を制定したら、マフィアが急拡大した。」みたいな現象から、海外の類似の事例を調べたり、法制定前後の事件の件数の変化などを比較調査したりするような事こそ、社会科学なら必要である。 科学者は、実験結果という統計を見て、仮説を立てるのだからね。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
本来、社会科学としての法学なら、たとえば物理学が理論と実験との対比をするように、たとえば、ある国と法律内容と、その結果との対比を行うべきである。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
経済学なら金額などで客観的に統計を検証しやすいが、法学の場合、統計指標としてなんの数値を使うかが問題になるので、ある程度は法学の統計検証が難しいのは仕方ない。 しかし、だからといって、何の統計検証も法学の教科書に全然無いのは、さすがにオカシイだろう。 最近の法律の成果を検証をするのは難しいのはやむを得ないとしても、しかし法学では50年前や100年前のような法律ですら、まともに成果を統計検証されてないのだ。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
法学は非常時シミュレーションが弱い。少年法でも憲法9条(自衛隊のアレ)でも何でもいいが、たとえば、改正前の少年法がもし、少年による凶悪犯罪を想定していなくても、けっして世界は法学者に合わせてくれない。べつに、だからと言って「少年法を改正したのが正しい」とか云々を言いたいわけではなく。上述した「世界は法学者に合わせてくれない」という発想自体がもう、法学者には希薄である。まるで「世界は、法学者の想定通りに動く」とでも思ってそうである。
0
安楽死は正義!末期ガンでは安楽死が多いぞ。エセ同和を許さないぞ私は正義の味方!滅べエセ同和め! @sujinikusityuu 2019年10月27日
たとえば機械設計の理論なら「もし機械が壊れたら?(安全に停止させる設計にする)」などの故障時のシミュレーションが表向きにはある(実際の大学理系の工学教育はそうなってないダメ教育だが。) しかし、法学の場合、もうそういうシミュレーションの意識すら乏しい。 たとえば、もし憲法9条の改正反対なら、シミュレーションするなら、「もし憲法9条で自衛隊を合憲にした場合で、日本の軍国主義が暴走しないようにするには、その後に護憲派は行動するのが合理的か?」を考えるが、工学なら必要なシミュレーションである。
0