「タグ編集を許可」「まとめ編集を許可」機能を終了し、新たな「共同編集」機能を追加しました。
2014年10月19日

砂糖が贈答品だった頃、その他

角砂糖、砂糖から贈答品としての細工もの~細工蒲鉾、「鯛」のカタチである理由、などちと散漫ですが、備忘録として。
113
胡蝶 @uturobuneco

あと、明治30年頃のお盆の進物に砂糖、特に箱入りの角砂糖を贈ることが流行してて、原作のサザエさんに「また角砂糖か…」とマスオさんがゲンナリするシーンがあったから昭和40年ぐらいまで御中元の贈り物として使われてたっぽい(実際、杉箱に入った角砂糖がデパートで販売されていた)

2014-10-18 23:12:12
king-biscuit @kingbiscuitSIU

節子、「角」じゃなくても、ガチで砂糖そのものが、木箱に入った高級贈答品やったんや(´・ω・`)

2014-10-18 23:13:44
king-biscuit @kingbiscuitSIU

あと、食用油もな。これは案外戦後に盛んになった習俗かも知れんが(´・ω・`)

2014-10-18 23:14:11
king-biscuit @kingbiscuitSIU

とにかく砂糖をかける、のがもてなしになってったイナカってのもあってだな。大福にすら砂糖をかけて供するようになっちまってるのを柳田のジイさまですらどこかで言及しとったはず(´・ω・`)

2014-10-18 23:15:18
いわん @Ivan_Whisky

意匠を凝らした角砂糖が贈答品だった時代もありましたよね(´・ω・`)30年くらい前? RT @kingbiscuitSIU 節子、「角」じゃなくても、ガチで砂糖そのものが、木箱に入った高級贈答品やったんや(´・ω・`)

2014-10-18 23:16:43
高城悠紀 @yannyanya

鯛の形した引き出物用砂糖はもしかして絶滅したんでしょうか?

2014-10-18 23:17:58
内藤美和 @NAITOMiwa

@kingbiscuitSIU ある時期まで結婚式などお祝い事の引き出物でよく使われていましたね。変態落雁……ってw 雰囲気がすごく伝わる言い回し。

2014-10-18 23:21:00
第4インター系 @Lev1026

@kingbiscuitSIU アレが茶色くなって歪な形になった頃から我が家はダラクが始まったように思います。

2014-10-18 23:24:19
こうた @kouta1941265

@kingbiscuitSIU 角砂糖を最初に見たときは「飴」と勘違いして口に放り込んだ、とウチの親父が述懐しておりました

2014-10-18 23:25:27
和田尚久 (蕩尽) @naonao200170

@kingbiscuitSIU 角砂糖って贈答品だったわけですからね。進物だから安物という扱いではないですね。「お前さんは角がとれているねぇ。貰いもんの角砂糖みたいだよ」。

2014-10-18 23:26:05
gurucchi @gurucchi

@Lev1026 @kingbiscuitSIU 角砂糖はグラム数を計らなくてもいいので便利ちゃあ便利。茶色いのは溶けにくいです。

2014-10-18 23:27:52
LaLa @lalalacozy

氷砂糖でなくて?“@kingbiscuitSIU: でも、コーヒーの普及に一役買った「珈琲糖」は角砂糖みたいなもんだったよなあ、確か(´・ω・`)”

2014-10-18 23:27:56
dada @yuuraku

さだまさしの、シーナモンティーとなんちゃら~かんちゃら~薔薇の形の角砂糖2つ~ってのがシャレオツなフレーズだったからな。

2014-10-18 23:28:46
しのだやま @sinodayama_furo

@kingbiscuitSIU 昔、歳暮で砂糖ってありましたからね。

2014-10-18 23:29:31
第4インター系 @Lev1026

@gurucchi @kingbiscuitSIU 何だか、あの頃から甘味料に「甘いだけじゃない+α」を求めるようになりましたね。「+α」が何なのか今もって不明ですが。

2014-10-18 23:29:44
taka-s @taka_st_tora

@Ivan_Whisky @kingbiscuitSIU ちょっと前まで甘いもの(サツマイモとか)でも喜んでたから 今の甘いものが沢山ある世界の方がおかしいかもしれない

2014-10-18 23:29:54
うんこつかみどり @unkotsukamidori

@kingbiscuitSIU よく落語の夜店のシーンかなんかで 「当りを出さないもんだから、金花糖の鯛やなんか綺麗だったのがいつの間にかノッペラボウになっちゃって」なんてセリフが出るんでそんなもんかと思ったんすけど、違うんかなw

2014-10-18 23:30:00
アヒール @keep_on_mono

@kingbiscuitSIU 「昭和23年頃、当時の食用油は輸入に頼っており」 sy-pro.co.jp/syp_saiyou/his… 満州大豆を現地で絞っていたので戦後すぐは国内調達できなかったかと思われ aska-r.aasa.ac.jp/dspace/bitstre…

2014-10-18 23:32:05
Tapkaara @Tapkara

@naonao200170 @kingbiscuitSIU 歌謡曲「一杯のコーヒーから」(1939年)4番には「角砂糖二つ入れましょか」なんて歌詞があります。これなんか完全にモダン都市カフェ文化の象徴みたいな歌で。youtube.com/watch?v=nz-UNc…

2014-10-18 23:33:10
拡大
内藤美和 @NAITOMiwa

@kingbiscuitSIU 発信源はともかく、名古屋の人は好きそうですね。引き出物としては「大きい、重い」という東海地方である時期まで重要視された要件を満たしておりw

2014-10-18 23:34:34
gurucchi @gurucchi

@Lev1026 @kingbiscuitSIU バラの花の角砂糖は今でも細々と販売されてますね。+αを求めるのは甘味に飽和した証拠かもしれません。後は肥満や成人病が問題視され始めた時期とリンクしているのかもです。 pic.twitter.com/eVXXgtkZmZ

2014-10-18 23:35:50
拡大
奈良児楢文庫(年内でアカウント終了) @NaraKonara

肥前長崎地方の「砂糖味(甘味)がうすい」の表現法について。 長崎大学・愛宕八郎康隆 (1982)bit.ly/1vs3TOy >長崎の方言で「砂糖屋が遠い」という独特の表現があるのだけれど、それについての論稿。

2014-10-18 23:36:03
第4インター系 @Lev1026

油断するとまだこんなモン作っちゃうセンス。北の国を笑うてる場合じゃない。 pic.twitter.com/g3Wdpxa3LX

2014-10-18 23:36:11
拡大
残りを読む(76)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月19日
砂糖がまた贈答品になるほど日本が衰退したりしませんように……
4
moto@この世界の片隅に応援中 @moto1981 2014年10月19日
ウチの地元、20年前位までは、贈り物に砂糖って普通にあったぞ…スプーン印の上白糖…
8
ゆゆ @yuyu_news 2014年10月19日
お歳暮とかお中元の最低ランクの品として20数年前まで存在してた気がする。スプーン印4kg箱。
3
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年10月19日
贈答品は重い物ほどありがたがられた時代があった(砂糖、食用油、洗剤…)
11
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2014年10月19日
今でもシュガーアートの付いた角砂糖がお祝い事のお返しに来たりしますが…
3
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2014年10月19日
イギリスの角砂糖は固くかためて溶けにくくしてある。それは溶けるまで会話を楽しむためだってばっちゃに聞いた。
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2014年10月19日
ちょうどその明治末から昭和初期にかけて、ジャワ島からの砂糖輸入で成功した商社が有馬洋行なのだけども、今やもうすでに知る人はほとんどいない
5
はいん・まいやー @reisacker 2014年10月19日
油はいまでもお中元とかの特設コーナーいくとあるよね。砂糖は和三盆とかはあるけど……
1
kartis56 @kartis56 2014年10月19日
自家用車なくて、自転車も乗り心地の悪い商用車みたいなやつ、道もガタガタだったころは重いもの買って帰るだけで一苦労だったんだろうねぇ…
1
JBOYSOFT JunjiSuzuki @jboysoft 2014年10月19日
子供の頃、赤や緑の海老や鯛の砂糖をよく見かけました。砕いて煮物に使うんですよね。 戦後の田舎が舞台の小説で、級友の家にいくとその姉が夏みかんをむいて出してくれてそこに貴重な砂糖がかかっているので「うちの姉貴おまえに気があるな」と言われるシーンがとても好きです。その頃はすき焼きに使う砂糖が足りなくてゼラチンを代用していたようですね。
3
わ𝜢𝞲✋ ☔ @Bagooooon 2014年10月19日
これ見ると昭和25年の砂糖価格は1kgで308円だから、消費者物価指数で換算すると今の10倍以上してたんだな。昭和30年代でも今の4倍~5倍ぐらいの価格。まあ高級品だったわけだ。 http://shouwashi.com/transition-miso_soy_sugar.html
5
わ𝜢𝞲✋ ☔ @Bagooooon 2014年10月19日
昭和40年代ごろは、喫茶店で客が飲んだコーヒーカップを下げる時に、砂糖が溶けきれず底に残ってるカップが沢山あったそうだ。みんなこぞって砂糖を有り難がってた時代。その昔に駅前の喫茶店で雇われマスターやってた人が言ってた。
3
これだけ @koreda_k 2014年10月19日
鹿児島では老舗の薩摩揚げ屋ほど、やたら甘くてひたすら柔らかい、現代の感覚ではあまりおいしくない薩摩揚げを売っている。あれも甘いもの=ごちそう、の名残りなんだろうか
4
上野 良樹@コロナワクチン×3 @letssaga3 2014年10月19日
Bagooooon 砂糖のデフレが酷い…。今はダイエット甘味料が当たり前で砂糖は嫌われ者。でも、甘味料ばかりとっていると砂糖(蔗糖)のまっすぐな甘さが恋しくなります。
1
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2014年10月19日
紅茶はミルクもレモンも入れなくても砂糖だけはほんの少しだけ入れた方がいいんだよ。雑味が消えて香りが立つ様になる。
1
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2014年10月19日
コーヒーの気障な飲み方の極北に「カフェロワイヤル」と云うものがありましてな。(1)ティースプーンに角砂糖を載せる(2)此にブランデーを少量たらす(3)ブランデーが角砂糖に染み込んだ頃合いをみてマッチで着火(4)これをブルマンに投下。砂糖と舶来品のコンボですよ。ハァハァ
3
てん@獺原理主義 @feresasuke 2014年10月20日
慶事じゃないけど、葬式の時に供糖といって砂糖の塊を飾ったりしますね。これも貴重品だった頃の名残でしょうね
3
如月 宗一郎 @S_kisaragi 2014年10月20日
『トラ・トラ・トラ!』の中でも、真珠湾攻撃の前に、参加する搭乗員に希望する献立を募ったところ、「おはぎが食べたい」とあったので、艦内の砂糖かき集めて使ったという記述も納得。
2
闇のapj @apj 2014年10月20日
鯛の形のビニールパックに砂糖を詰めて化粧箱に入れたものが結婚式の贈答品としてつかわれてました。バラの形の角砂糖も縦横に並べて箱詰めしたのが贈答品になってました。
2
司城肥後介誠治 @opinel432 2014年10月21日
方向性は少し違うけど、うちの地元では現役で砂糖が贈答品です。ちょっとしたお礼として、一番使い勝手がよくて困らないのが砂糖なんですよ……。
1
neologcutter @neologcuter 2014年10月21日
「贈答品は重くてナンボ」という考え方があるからこそ、名古屋でういろうがよく売れている…?
2
ながし @Pnagashi 2014年10月28日
パーンプキンパイとシナモンティーに~薔薇~の形の角砂糖二つ~♪ですな。
2
=ΦÅΦ=化け猫魂 @FeiJasmineneco3 2016年8月2日
中学生の頃、カフェロワイヤルするためにブランデーシュガーを買ってもらった。個別包装してあるから飴玉と間違えた伯母が口に入れてびっくり。舌が痺れたらしい。ナフタリンを食べたと思い込んで大騒ぎになったことがある。
1
如月 宗一郎 @S_kisaragi 2016年12月7日
昭和55年のレシピ集のコラムにも、実に様々な種類の砂糖があって、いつか試したいと思ったものだった。小分け包装されたブランデーを染み込ませた角砂糖なんかは特に。
1
きみどり @7yellowgreen1 2021年7月26日
香典返しと言えばお茶か海苔が定番だけど、重さ重視のお客様は未だにお砂糖選ばれる。よくスーパーで売ってるビニール袋入り1kgの白砂糖を不祝儀ののし紙付いた紙箱に入れて納めてます
0