言語学の勝利〜〜!「魏志倭人伝」完全解読!3世紀当時の発音から地名や方言とも照らし合わせた研究がすごい 邪馬台国の場所も推定される

言葉の伝わり方、変化の推測がめちゃくちゃおもしろい
1301
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

着ぐるみ生命体/トランスヒューマニスト/コピミズム/言語/謎エスニック料理/リキュール/主なるねこかわの御名において にゃーん

twitter.com/search?q=%E6%9…

すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

魏志倭人伝の完全解読です ついに達成しました 言語学の勝利 万歳 pic.twitter.com/UHeASKT3rm

2021-01-07 01:44:08
拡大
拡大
拡大
拡大
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

もちろんここから必要に応じて仮説を批判、修正していきます。まだ地図にプロットして確認していないので分布に不自然な点があれば修正されるかもしれません。

2021-01-07 01:44:47
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

魏志倭人伝、ついに大筋で解読できたのでは pic.twitter.com/T0841BG3ka

2021-01-02 23:28:30
拡大
拡大
拡大
拡大
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

魏志倭人伝の翻訳 ぜんぶ太字だと見にくいので修正しました pic.twitter.com/X4gGO52FDQ

2021-01-02 23:52:22
拡大
拡大
拡大
拡大
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

新しい知見です ・国名列挙の伝聞は3ソースある ・瀬戸内海まわりに語派がある pic.twitter.com/2ujS8DcHGY

2021-01-03 01:21:09
拡大
拡大
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

てか、たぶん出雲経由で若狭湾からヤマトに入っていて、ヤマトの直前に「ヤマ国」を通過するわけですね ヤマトは「ヤマ国のあと」に到着する場所、だとしたらヤマト王権自体がこのルートで入ってきたんだろうなぁ twitter.com/cicada3301_kig…

2021-01-03 01:40:05
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

「倭・倭人関連の朝鮮文献」 ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD… 比較的近いもの 魏志倭人伝前後の流れが連続的に見える twitter.com/n_langvo/statu…

2021-01-03 00:28:23
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

言語学クラスタから見ているので歴史クラスタのような資料の検討を行っていませんが、ツイートが伸びているので参考として以前に調べていた3世紀日本の歴史を示しておきます。見慣れない固有名詞は【 】で囲ってあります。 pic.twitter.com/DT6aCDslVK

2021-01-03 13:49:39
拡大
拡大
拡大
拡大
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

「肥」の比定に関する言語学サイドからのコメント twitter.com/cicada3301_kig…

2021-01-03 14:10:16
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

@fushunia 言語クラスタ的コメントをさせていただくと、こちらとしても「肥」*poi と「不呼」puh- の比較に確証はないのですが、「穂」*pə (またはひょっとしたら *pau ?) で、おそらく puh- として記録されないんですよね。もし「穂」がずっと後世の当て字ならその限りではないでしょうが。

2021-01-03 14:04:03
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

@fushunia 古代日本語史としては古墳時代頃に、おそらく九州と畿内を起点として o > u という変化が発生し、本土に広く拡散します。ə は一部は a や i に移行し、辺境方言によっては e に変化していますが、基本的には一貫して ə を保ち、平安時代近くにようやく ə > o が発生します。

2021-01-03 14:09:24
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

(こっちとしては邪馬台国の場所にはぶっちゃけ全然興味がなくて日本語の音韻史が分かれば良くて、まだまだ解釈の改善が必要なんですが、ほぼ歴史クラスタしか喰いついてこないし歴史クラスタがたぶん論旨を理解してくれてない)

2021-01-03 21:04:06
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

例えば、音素あるいは音声的に存在した [ɔ]が方言により異なる変化を遂げた可能性があるので、これまで"言語学的に"アプローチしていくつもあった「狗奴」の候補地が、かなり根拠は乏しいがひょっとしたら厳密な音韻の検討によって絞られるのではないか、というおそらく世界初の指摘をしている。

2021-01-03 21:10:37
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

ですので、ここで「魏志倭人伝の解読」とは、「文章の大まかな意味を把握して地名の候補地を見定めること」ではなく、「登場する日本語を日本語として意味を正しく解釈して厳密に当時の発音を再現してその方言分布を見極めること」です。

2021-01-03 21:16:09
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

わかりやすいのが「子」*kua です。朝鮮半島から最初に到着する島々では既に ko に融合していますが、九州に上陸してからは kua に近い形がまだ残っています。こういった細かな所見を無視してはいけません。なんとなく意味が理解できるだけではダメなのです。

2021-01-03 21:26:56
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

ここから先のアプローチとしてはあくまで本土方言の比較再建と内的再建を主体にして、うまくいかない部分について「これ魏志倭人伝のアレじゃね?」と寄せて論理を修正する、という順番で考えていかないといけない

2021-01-04 00:10:34
すきえんてぃあ@書け @cicada3301_kig

Adumaic *CuCa :: others *CaCa これで「額田」いけるんじゃね? 中央だと「ナカタ」になりそうな発音で記録されてるけど額田が東国訛りの地域ならいける

2021-01-04 00:24:53
残りを読む(72)

コメント

なお @naonaonao29 8日前
ガチ歴史勢なので、仰る通り邪馬台国の場所しか気にならない
30
TATSU. @TATSUevo 8日前
意外と日本語って変化してないというか、当時の言葉の音が結構残ってるんだなあ
49
フラスケ @birugorudi 8日前
すごく詳しく説明されているのに何が何だかサッパリだぜ
145
のうたびと @noutabi 8日前
すごいということしか分からない
48
RGB000 @19666_61 8日前
魏志倭人伝今まで解読されてなかったんかレベルの認識
68
katasan111 @karasan111 8日前
これを読めばトラックに引かれて転生したら転生先が邪馬台国でも安心ですね。私はこれで邪馬台国に転生したら一言も話せず死にました。
32
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 8日前
19666_61 というか「言語学レベルの解読がなかった」感じ。当時の中国語の発音に関する知識も必要だから日本人の考古学者や歴史学者の域ではなかなか難しいと思う。
102
nekosencho @Neko_Sencho 8日前
説は説で興味深いのだが、出土品などで裏打ちされないとまだ弱いな
15
aioi_au @aioi_au 8日前
Kamimura_Maki 古代中国語の発音を知りながら古代日本語の方言に注目するとなるとかなりの特殊性癖が必要ですからねぇ。
74
Bay @Bay69575673 8日前
「専門バカの歴史家にはわからないアプローチで解き明かしてやったぜ」って在野の研究者(婉曲表現)にはありがちだし、邪馬台国に限っても100以上のそういう文献があるんじゃないか、数えたことないけど。 理系分野では査読の重要性を承知しているはずの人がこういうのに飛びつくのを見るのはつらい
77
おふ @una_lechuga 8日前
大陸との交流が、地理的に近い北九州にとどまらず本州全域にわたるということはそれだけ広範囲に影響を受けているであろうということで、古代からの日本の染織史を調べている自分も興味深く拝見した。詳細まで理解できているとは言い難いけれども。
3
さとうあきひろ @akihirosato1975 8日前
当時の中国人が、当時の日本語(しかも方言混じり)を話す現地人から聞き取った内容を、当時の中国語で記録した文書について、しかも現地人の話す方言が既に地域ごとに異なっているので、その発音を正確に分析しないと誤った解釈を生むっていうのは、言われてみればなるほどだけど、じゃあその分析ができる人間がいるかって言われたらそりゃレアキャラもいいところだよな。いやーすごいものを見た。
108
あおまきしゅにん @aomakipaper 8日前
詳しく見てないんだけど、魏の漢字の発音から当時の日本語の発音を特定してるってことかな。 異言語間の発音の聞き取りとか影響するような気はするけど、どうなんだろう?
4
jonily @jonily_o 8日前
Bay69575673 これだけ論理立った研究結果に対して「内容は分からないけどどうせ○○だろう」みたいなレッテル貼りはそれこそ非建設的だろう。
141
Qtaht(双弥とか絆楔とか) @r_indietro 8日前
1/1にBSプレミアムで邪馬台国サミット2021がやった矢先に……!
2
魚長 @WakutaniUocho 8日前
3世紀日本語にもすでに方言はあったというのは成り立ち的に理解できるが、それを現代人がどうやって考証・研究しているのかがさっぱり分からない。同時代の史料はもちろん現存してないし、後世の史料から紐解いていくにしても中央に近い地域のことしか分からん気がするし、昔は口語をそのまま文章化するわけでもないし、上代東国諸語とか隼人語とか本当どうやったら調べられるんだろう
9
うまみもんざ @umamimonza 8日前
8世紀の日本語についての研究動画を見て驚愕したばかりだったので、もう面白くて面白くてたまらん https://www.youtube.com/watch?v=NzwmtkEzAo0
40
魚長 @WakutaniUocho 8日前
20年以上前に井沢元彦氏が『逆説の日本史』で卑弥呼を当時の中国語発音(魏音?)で読むと「ピメカ」になる、というアプローチをしていた。同時に邪馬台国の読みも検証していた記憶はあるものの、内容と結論部分は覚えていない。これもプロの物書きとはいえ在野の歴史愛好家の一仮説にすぎないものだが、史料上の漢字を当時の読み・各地域での発音に立ち返って検証するという着眼点は重要なものであったと思う。
12
顔仁 @kaohito_765 8日前
うおおお、すげえすげえ。しかもこれ、ちゃんと科学してんだぜ。言語学は科学って判かんだな。まあそっちの言ってる意味は半分もわからんだが。
13
TOMIZAWA Kan @kantom 8日前
Bay69575673 > 「専門バカの歴史家にはわからないアプローチで解き明かしてやったぜ」 だれもそんなことは言ってないですよ。ご本人のツイをちゃんとお読みになってくださいな https://twitter.com/cicada3301_kig/status/1345705508716441604
91
オペル・シグナム @Opel_Signum 8日前
Bay69575673 じゃあ、学術的根拠に基づいて間違ってると思う箇所を指摘してあげたら?
76
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 8日前
日本語日本文学科卒の意地にかけて、あとで詳しく読もう…明るい時間帯に…(老眼辛い)
12
奥玉太郎 @okutama21991 8日前
ちなみにこの人の弥生時代の日本語に関する研究動画はこんな感じ。すごい https://www.youtube.com/watch?v=Z5_Dpusr7qE&t=399s
23
⚓️無意識ファンネル⚓ @muishiki_fun2 8日前
これ、歴史学や考古学だけじゃどうにもならん分野だからねぇ……いやー、よくここまで達成したもんだ、すげぇ。 語彙力消えちゃうくらいすげぇ。
41
エリザベスきつね @elizabethoage 8日前
okutama21991 ありがとうございます!こちら、まとめに追加しました。
4
BugbearR @BugbearR 8日前
字から発音が分かるあたりの理屈をどなたか。日本語の仮名に相当する発音表記文字がどこかにある?
1
黒野千年@なろうR18ミッドナイト @blackperson2000 8日前
そもそも陳寿が海の彼方の異民族の記事について、それほど正確性を期していたとは考え難く、当然、部下が行った調査結果の是非くらいの判断しかしていないだろうというのは、想像に難くない。その調査も、朝鮮半島〜遼東半島の伝承に基づくもので、特に日本語理解に乏しい史官がどのくらい正確に聞き取りを行い得たのか。現地の口伝だって、どう変化するかはわからない。それを乗り越えようと思ったら、学際的検討は必要だろうよ。これみたいに。
18
エリザベスきつね @elizabethoage 8日前
umamimonza ご紹介の動画、まとめに追加しました。ありがとうございます!
4
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 8日前
邪馬台国の場所がついに特定されると聞いて。これで当カルデアの卑弥呼を宝具5にした甲斐があった……(関係ない
4
ろんどん @lawtomol 8日前
まあ、論文で発表しない限り「趣味」ですな
81
83MHz @83MHz_clock 8日前
しれっと出てる瀬戸内周りの「たぶんここに失われた語派がある」が目を引く
42
瑞樹 @mizuki_windlow 8日前
論文にして発表して、いろんな人に検討して貰いたいな……私にはちんぷんかんぷんだよw
60
あなぐま @badger2635 8日前
宮崎市定先生が石上神宮の七支刀の銘文の読みを本に書いて完全無視された話を思い出す。
3
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 8日前
むしろ着ぐるみ動画がどうなるのか気になる組
4
かんし @EXCWSM 8日前
誰かと思ったらあの古代日本語動画の人か!
2
nekosencho @Neko_Sencho 8日前
基本的に学説ってのは、多くの人に認められて初めて意味のあるものになっていくわけだから、どんな研究でも「研究しました」「わーい真実はこうだったんだー」みたいにはなりませんよ。 もしこの研究が正しかったとしても認められるまでには長い時間がかかるでしょうし、間違ってれば消えていくだけです
99
もるしつりょー @mollgra__munyu 8日前
これを見て「いや、そこはこうだろ!」みたいな人が出てくるとまたどんどん解明されていくんだろうなぁ。楽しみ。
49
takuya.risemara @TRisemara 8日前
発言者が一見論理的だからで結果ネット民がおもいっきり釣られた例としてはユニバーサルメルカトル図法とかがあるので…
7
ありかわ @shio_arikawa 8日前
すごい 何が何だかわからないけどすごい テンアゲ
2
Denullpo S. Hammerson @denullpo 8日前
あーそーか、各地の方言呼称全部大陸人流に漢字でまとめちゃってっからややこしいことになってんだ。それにしても細か杉。
27
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 8日前
blackperson2000 実際の史官の調査というよりは、日本に渡った魏の役人による報告書の、検討を踏まえた収録ないし無批判に近い再録だろうと思う。三国志を書いた陳寿は蜀の人だから、日本や朝鮮半島方面にそこまで詳しかったとも思えないので、部下にこの地域に詳しい人がいたなら別だが、そうでなければ晋に残っていた報告書をほぼそのまま再録しただろうと思う。
6
さどはらめぐる @M__Sadohara 8日前
魏志倭人伝ってのは238年に司馬仲達が公孫氏を滅ぼし、その地域の15歳以上の男子を皆殺しにしてから後の話であって、直接公孫氏が日本と取引してたであろう黄巾の乱頃から238年までの記述は意図的に削除されているので、ある程度は話を割引く必要があると思うんだよなあ
16
フ一口 @fu_hitokuchi 8日前
知識的には先人でも可能だと思いますがマニアすぎて誰もやらなかった分野ですかね……
3
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 8日前
>>本州方言の話者が「大和からnesi(西)に向かえば北九州まで行けます」というセリフを九州の倭人に伝えると、九州方言の話者は「大和からnesi(北)に向かえば北九州に行けるんだな」と理解し大陸に対して通訳したのだと思います。      飛鳥昭雄さんの変な本で、日本列島が回転して角度が変わってた説のもとになったんでしょうか。
11
鮎坂_('w'_【ayuzaka】←喪中 @au_quantum 8日前
めちゃくちゃ面白い。音韻変化の色分けが青銅器の広型銅矛や銅鐸、平型銅剣の分布のそれとある程度重なるので本当に面白い。凄い。
9
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 8日前
「フェルマーの最終定理」を彷彿とさせる物語だな…まあまだ完結したわけでは無いだろうが
2
pekoe_tw @peckoe_tw 8日前
面白いんだけどサッパリ理解が追いつかないの悔しいw(けど凄いと感心だけが残る)
1
有芝まはる殿下。はマスクなしで5分以上自然な距離で会話したらコロナ感染リスクが発生する @Mahal 8日前
日本書紀のネイティブ漢文か否かによる分類で編纂過程と推定記述者を比定した研究とか割と有名だけど、それの3世紀音韻学バージョンみたいなお話。どっかで論文にしないかな。
8
しろうと @sirouto 8日前
言語学的な考察は大変興味深いが、それだけで場所を断定するには、まだ飛躍が残る。日中の通訳を挟んでいるだろうし、文献(魏志倭人伝)に、ノイズがないとは考えにくい。極端な例ではたとえば、吉本の芸人が東京で演芸をした映像が、一本だけ後世に残ったとしよう。すると、未来人から見た過去(我々の現在)では、「関東では関西弁を喋っていた」ように思えてしまう。そもそも、邪馬台国の論争は、戦前から長く続く。考古的資料も、鏡や鉄器、古墳(吉野ヶ里遺跡等)など多量に発掘されている。言語的考察も、多くの資料の中のひとつ。
63
ハナちゃん @osarupoke 8日前
これは楽しい!! 最近は楽しく無いニュースばかりだから嬉しい!…けどサッパリわからん…。是非とも有識者による議論が盛り上がって欲しいものです。
1
新井あずき @busaik 8日前
「たぶんここに失われた語派がある」の中国四国側は吉備、九州側は宇佐の勢力圏ですね
2
ろんどん @lawtomol 8日前
「何言ってるかわからないけどスゴイ」ってのは、あまりよろしくない傾向ですね。
62
よーぐる @Seto_yasu1987 8日前
大昔の日本語とか佐賀の地元で考えると、海に関する地名が海岸線が昔この辺にあった頃につけられたものなんだろうなあと思うと浪漫溢れてくる俺
0
dai @poddai 8日前
この被り物の人、前にも何かでバズってたな。なんだったけ?
1
ああああ @rlQ1R2en0FWcIim 8日前
poddai カントリーマアムの2020年問題だったと思う。
0
ああああ @rlQ1R2en0FWcIim 8日前
この人いったい何者なんだ?ツイートを見る限りでは、言語学が趣味の精神科医みたいだけど。
1
和菓子 @nkltsl2 8日前
精神科医なら論文書き慣れてるだろうから、是非とも論文や本として研究を発表してほしい。 Twitterで呟くだけでは、色んな意味でもったいない。
5
どんちゃん @Donbe 8日前
邪馬台国がどっちにあったか、じゃなくてまずヤマトという大きな国があって、畿内に「邪馬」、北九州に「邪馬台」という都市が同時に存在した可能性もあるのか。
2
dendoh @dendoh 8日前
sirouto 言語学的に正確な記述内容を解読できたというだけ(本当かどうか知らないけど)で、そもそも記述内容が事実とも限りませんからね。考古学者や歴史学者の意見も聞きたいので、邪馬台国サミットで議題にあげて欲しい所です。
22
かつまたいさ(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 8日前
正直さっぱり分からんので、分からん以外の感想がない…。強いて言うなら「それはよかったですね」とか「よく分かりませんが頑張ってください」「通説とかになればいいですね」というところだ。
39
めざし @chemical_mezasi 8日前
何が何だかわからないけど、すごい!
0
ヒッコリーのバット @m3sIUtQIFcjRebs 8日前
こりゃまた思いがけない方向からブレイクスルーが
0
Space-humanoid @Space_humanoid 8日前
この人の、古代・中世・近世・現代・未来?の日本語を喋ってみたという動画を見たけど、まず現代日本語がそもそも訛って聞こえるんだよねぇ…だから古代日本語も中世も未来もみんな同じふうに聞こえちゃう。動画の話者は本当に日本人なのかな?
3
Space-humanoid @Space_humanoid 8日前
Space_humanoid 失礼ながら、この人の動画の日本語もアイヌ語も朝鮮語も古代エジプト語も古代エトルリア語もアーヴ語も全部、舌足らずの発音で似通った言葉に聞こえてしまう。文法や単語の語形分析は凄いんだろうけどね…
5
しろうと @sirouto 8日前
dendoh >「そもそも記述内容が事実とも限りません」 はい、まったく仰る通りですね。解釈学的アプローチは、文献の読み方ひとつで結論が変わって面白いんですが、学問的な精度は物証の方が強くて、邪馬台国論争の最終的な決着は、考古的発見で付くと思ってます。極端な例で言うと、『邪馬台国はどこですか』という歴史推理小説があって、エンタメ的なお話としては、個人的にすごく面白くて好きなんですが、学問的にはトンデモな結論になってます。安楽椅子探偵の話は面白いけど、学問としては物証を積み重ねる方が正確。
28
jonily @jonily_o 8日前
ここまで深い内容になると「どうせ趣味だし」みたいな薄ぼんやりしたイメージで語ってもノイズにしかならんので。 ↓こういう感じで具体的な批判や検討ができる人が増えるといいな。 https://twitter.com/nekw0/status/1347115477982535680 https://twitter.com/KentaroOnizuka/status/1347005340462694403
29
雷更新世 @pleist 8日前
こういう語形変化を辿っていろんな物がつながってくやつ好き。妥当な説なのか否かはさっぱり分からん。いくらでもこじつけられるたぐいのやつだから相当眉に唾つけて見ないとな…。
0
こぴ🍒女性を守っていましょう🍒 @nippondesu02 8日前
うーん、こんなのわかるんか・・・信じられないな。この推察が正しいなら、だれでも理解できるような解説ができそうな気がするんだけど。あとなんというか勝利宣言してるのが気になるんだよな。本当に説得力ある内容なら、勝利宣言しなくても多くの人が同意してくれるだろうし。まぁとにかくわからんので、だれかもっと解説してw
2
週末の肋骨 @ribsleftrurs 8日前
たしかに見たことない面白いアプローチ。 今までもあったが話にならなくて消えた手法なのかどうかがわからん。専門家の査読待ちかな。
5
いぶし @robodama 8日前
あったよ邪馬台国が!
0
スピノーダル因数分解 @rana31234 8日前
この人のyoutubeチャンネルにある津軽弁の発音が微妙に違っていてむず痒くなる まぁ大体合ってるから凄いけどねネイティブじゃないのによくやるよ この人発音オタクなんだなって感じる
0
スピノーダル因数分解 @rana31234 8日前
大変興味深いんだけど、話半分で聞いたほうがいいなとは感じた。 査読は欲しいね。いろんな専門家に確認してもらいたい。
54
kokomaro @kokomaro11 8日前
とりあえず福島と福岡を間違えてる
2
eco bag (3yen) @ecobag_free 8日前
何となくアプローチ方法なんて出尽くしてただろうと思いこんでいたので、こういうものあるよ!と提示されたことが単純に面白かった
10
eco bag (3yen) @ecobag_free 8日前
kokomaro11 まとめの後半で触れてますよ
9
naokazu Nikawa @zweifluss 8日前
真偽ともかくおもしろ
1
氷雨(鴎) @kamome54 8日前
古文書を読み解いた(正誤はさておき)から読み解いたって言ってるだけで、そこに書かれている内容の担保なんかしてないのに、邪馬台国が絡むと冷静さを失う人がいるんですね…。
45
とんとかいも @_tontokaimo 8日前
そういえば「ネイティブ・アメリカンが証明した 古代、アメリカは日本だった! ―失われた旭日帝国の謎を解く」https://www.amazon.co.jp/dp/4195550009 という本がありましてね。アメリカの地名もすべて日本語で解読できるそうですよ。魏志倭人伝の話も面白そうなので査読が通ったら誰か起こしてください。
5
A-16 @930A16 8日前
言語学のことは全く判らないが、"ヤマトは「ヤマ国のあと」に到着する場所、だとしたら"ってとこ、現代語なら「(旅程の)次に到着する」とか「(進行方向の)先に存在する」とか「向こう」とか「奥」とかになると思うんだが、当時は「あと」をそういう風に使う物だったんだろうか?
3
inti @inti87913544 8日前
言語アプローチは面白いけど、検証待ちだね。失われた語派と言われても瀬戸内民としてはなんとも。 あと姫は、日女じゃねぇかなと思ったり。
9
うおどむ @walkingdome 8日前
古代中国は三国時代、この動乱の時代において国の歴史を記すことは並大抵のことではない。それは魏の国においても同様で、編さんが平安無事に済むようにと、史書編さん室は安庵(あんあん)と名づけられたほどだ。その中で当代随一の学者が史書を編んだわけである。それはまさしく艱難辛苦を極めたため、時の皇帝は歴史学者が逃亡しないように門番を置いた。そんな半ば幽閉状態の中で、学者は「魏志倭人伝」など後世に残る偉大な業績を残したのだ。
3
うおどむ @walkingdome 8日前
学者は長時間に及ぶデスクワークのために、背骨が曲がって臼のように凹む奇病にかかり大変苦しむようになった。「背苦臼(せくうす)」と呼ばれるその病気にかかっても学者は執念で史書の編さんを続けたが、その苦しみの声は聞くに堪えず、門番は気が違いそうになるほどだったという。そして壁の向こうから夜な夜な「魏志…魏志…」という幽霊のような声が聞こえてくるに及んで、獨緒(どくお)という名の門番役人はとうとう首をつってしまった。(民明書房刊「魏志・魏志安庵 耗貯補の巻」より)
12
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 8日前
とにかく、邪馬台国奈良盆地説のバイアスが大きいことはわかる。俺も奈良説を支持してるけど
3
あらⓅ★ @arapix 8日前
こんなに賞賛されるなら上梓したら良いのでは?しかし、此も「諸説有り」に埋もれてしまうのかな。辻褄が合い違和感無いだけで正しければ、例えば現代物理学は成り立たない。歴史ミステリーとしては良く出来た推理たが、学術的にはどうなのか。
6
dendoh @dendoh 8日前
左慈なんか確か三国志の正史でも超能力めいたパワーを使ってますよね。歴史書ではありますが、内容そのまま真に受けるのは危険かと。
0
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 8日前
930A16 魏志倭人伝は中国語で書かれたものなので、当時の日本での発音を推定できるのは固有名詞の箇所くらいです。「北というのは西の聞き違いかも」のくだりなんかは完全に推測ですしね
25
☆☃ @sternneige 8日前
魏志倭人伝を解読しました!って、そもそも今に至るまで誰もやらなかったってことはなさそうだから、魏志倭人伝解読したよって記録がってどっかにありそうなんだけど…。って思ったら、そのものズバリ「魏志倭人伝解読」というタイトルの書籍がありました。(中身は読んでません)これをきっかけに議論が盛り上がると、実際どうだったかの状況が解明される助けになりそうですね。
0
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 8日前
Kamimura_Maki そして、所詮は魏書巻三十烏丸鮮卑東夷伝倭人条というごく一部なのよねえ
6
蝦夷王@人類みな兄弟、喧嘩もする @RU0YyDtJF7yM5Js 8日前
言語学は全くの門外漢なので賛成も反対もないけど、元文献が句読点も付いてない代物だから音素を取り出しても十分じゃない。 文脈(文章の切れ目)に疑いを持ってるんで読んでおくだけにする。と言いながら書くけど行程の脈絡が不鮮明でそこが議論になってるわけだし、オレは編集の失敗で混乱してると思ってるんでね。
2
おくすり @nyu_nyu2012 8日前
卑弥呼は関西弁で「姫はん」かも
0
tetsu28go @tetsu28 8日前
邪馬台国 言語学アプローチ
0
* @romiromidondon 8日前
ゼロをイチにする、を達成することの難しさよ。
0
nyum @anyu52050137 8日前
この手の話はつい、古代日本にタイムスリップした時に困るな…と思ってしまう。
1
Mongyang @taisyo_2015 7日前
水行を日本海ルートに取るってのが最近なんじゃないかな。魏志倭人伝ルート解読の歴史は7,80年代に活発でそれだけでレビューする価値ある。んで、仮説の競い合いだからアマチュアでも参戦可なんよね。この辺の言語系に長けてる人は音楽に通じるある種の特殊能力で、適切に訓練受ければ誰でもできる現代の研究とは異質な世界がある
0
Mongyang @taisyo_2015 7日前
日本海から出雲ルートを提示した人は先にいるはず。これはこれで、言語学からの直接ではない推定で価値はあるとみるけど。あの世界の評価体系は分からんわ。研究としては母国語でない人が多く参入してるからね
3
黒猫屋 @sigh_to_you 7日前
かつて言語学を学んだ者だが学部卒で音韻論はほぼ手を付けなかったからサッパリ解らぬ
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 7日前
この話の面白いところは、当時の日本各地の方言を再建するというのが主であって、邪馬台国の場所を同定するのが主ではないということ。
29
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 7日前
WATERMAN1996 言語学的には常識なのかもしれないけど、この一連の研究は、魏志倭人伝には伝聞、創作、誤りが一定量混じっていると仮定しても、倭人が発声したと思われる固有名詞は音をそれなりに正しく記録しているはずという、アマチュア研究者にしばしばある、内容の辻褄が合わないから誤りだといった誘導を排除しているということ。倭人伝の内容には直接踏み込まず、発声の同定に重きを置いているということだね。
35
watyu @watyuking 7日前
論文だしてるのかな?出して欲しいなぁ、査読してもっと進めて欲しい。
0
だいじん@ブログ10年目突入 @daij1n 7日前
実は古代船の水行1日の距離は実験である程度出ている。+この人の説を用いて実際の邪馬台国の場所を想定してみたら、神戸周辺ではないかと思う。しかも神戸には、卑弥呼関連を匂わす古墳「西求女塚古墳」がある。 https://bit.ly/2XnDZzc
0
かもの ねねみづ @cmnnmz 7日前
アプローチは興味深いが、カナヅチを持ったものには全てがクギに見える、という印象もある。 完全勝利、と言われると、かつて万葉集も古代韓国語で読み切った輩もいて(笑)、アジアの比較言語学はどうも西洋のようにうまくいかない感がぬぐえない。
24
みま @mimarisu 7日前
理系分野の科学的手法と異なり文系分野は学説と擦り合わせから修正が度々入るしな。鎌倉幕府すら年代が変わるのだから弥生時代の邪馬台国の場所も様々変わるのは仕方ない事。ただすごい興味深かった。
0
佐渡災炎 @sadscient 7日前
albireo_B 「ニシ」が方言によって西を指したり北を指したりするという話では。
11
Hide13 @Hide1314 7日前
walkingdome 最後まできっちり読んで民明書房かよ!ってなった
1
四式戦闘機 @ki84type4 7日前
着眼点としては興味深いしこれがなにかの切欠になる可能性はあると思うが、これで何かが証明されたとか何かが確定したとか判断するのは早計に過ぎると思うし「言語学の勝利!」とか言われてもデビュー戦で好投しただけで200勝確定とか言われてるみたいでなんだかなあ、としか思えない。これから厳密に批判検証され、まともな学説として成長していくことを期待する。
28
白墨 @amanilo_ 7日前
個人・在野の研究をしてる人を小馬鹿にするとかノイズと判断するようなことはしたくはないかなぁ。 学問をはじめ、経済、スポーツ、趣味なんでも裾野が広いことが大切
3
ntmp @ntmp10 7日前
ki84type4 まとめは時系列順でないから分かりづらいけどこの方の「言語学の勝利」は魏志倭人伝に対する勝利のことであって、長らく格闘してきた書物を言語学的アプローチで「自分が」読み解けたことの喜びを指してるので、歴史界隈から評価とか何かを証明とかどうでもいいんだよな。 そしてこの人は言語学クラスタでずっと活動していて(自分も動画を拝見したことがある)、そのうちの一つにすぎない魏志倭人伝がたまたまバズっただけなのに歴史クラスタ初観測なだけで「デビュー戦」というのはいくらなんでも失礼かと。
28
刑事長/理事長 @DekatyouNy 7日前
amanilo_ 真っ当な在野の研究者はツイッターでドヤったりしないし、近所に「じぶんがかんがえたきょうどし」を流布したりしないし、捏造したりもしない。
5
aomakerel @aomakerel1782 7日前
音韻変化の考察の話が興味深く面白かった 西から東に伝わった言葉が今度は東から西へ伝わり同じ意味の違う言葉が二つ増えたりとか
1
刑事長/理事長 @DekatyouNy 7日前
ntmp10 言語学やってたら尚更言葉には気を付けるべきなんじゃないかと…勝利って「異論は認めない」ぐらいの強い言葉。
21
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 7日前
音韻学アプローチは数学や工学的だし、この手のでは語彙や音韻が年数でどれくらい変化するかといった統計的アプローチも見た記憶があるので、文系というよりは理系の分野だよね。
3
月岡師水 Tsukioka_Shisui @CommandWater 7日前
査読済み論文になってから出直してこいや
12
gano01 @gano_01 7日前
言語学からのアプローチ特に方言の発音からというのは、探偵ナイトスクープのアホバカ分布図を思い出すなぁ。 しかもその方言が弥生時代から存在してたというのが面白い。
5
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 7日前
sadscient 魏志倭人伝に書かれている内容がその影響を受けているのでは、というのは推測以上のものではないですよね
0
ゆきやけ @yukiyake_ 7日前
三国志の頃から日本に国らしきものがあったで十分な気がするんだけどなあ、とくに「倭人条」の記述からいえばね
0
むう @nyal1999 7日前
要は、詳しい人がむしろ「いやわからん(理解できないのではなく、厳密に断定できない)」つってるよこで「わかった!」って言っちゃう系の話
15
ntmp @ntmp10 7日前
なお本人もツイートを見る限り別の学会(精神医科学系?)で活動している身でこれがちゃんとした論文と違うことは当然分かっていて、これをツイッターに出した意図について「僕の意図はしかるべき論文を出せる人にアイディアの一部が届いてパクられることです ここに書いてあるのは完成した仕組みじゃなくてアイディアのメモ帳みたいなやつです」と言っているので、しかるべき人に届けばよいと思う。
35
tastey @ikirunodaruihit 7日前
どのくらい凄いのかポケモンで例えてくれ
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 7日前
従来の邪馬台国同定論争は、九州説畿内説という仮説から出発しているので、魏志倭人伝の読み方も仮説に寄せる方向で読んでしまいがち。故に距離の読み方も、短里説、放射説、併記説等になってしまう。そういうことの前に当時の固有名詞の発音をきちんと検討するアプローチをしたのがこの研究。見方を変えれば、発掘しなきゃ分からないと言うのももっともだが、もっと当時の文献を割り引かずにきちんと読んだら?ということ。
8
刑事長/理事長 @DekatyouNy 7日前
ntmp10 Twitterで届くと思ってる段階で…
2
白墨 @amanilo_ 7日前
DekatyouNy ツイッターなんて自分が好きなこと呟けば良いのよ。 駅前で拡声器で喚いてるわけでもないし、不安を煽って胡散臭い水を売ってるわけでもないのに。なにをそんなに蛇蝎の如く嫌うのか
33
TaiDa @idarf777 7日前
魏志倭人伝に限らず、倭国に言及する中国の古文書について、古代中国語と古代日本語の発音を比定して読解する研究者は今までいなかったんでしょうか? 漢字の意味や訓読みで読解する派がおられたということは、いなかったんだろうな。
1
きんぐ @stand_up1973 7日前
中国の正史なんてその時々の政治状況に振り回されまくるものを、ただテキストと向かい合ってもね、という感じがする。特に数字はリアルタイムにその時々の政治にインパクトを与えるから、最も信用ならないものの一つではないか。
1
うおどむ @walkingdome 7日前
Hide1314 もはや歴史に埋もれつつあるいにしえの2ちゃんコピペの一節でした。伝わるだろうと思って端折ってしまったのだけど、最後に「現代の若者がセクースの「ギシギシ アンアン」という声で首をつりたくなる衝動に駆られるのは、彼らが獨緒の遺伝子を受け継いでいるからに他ならない。」と続きます。
1
A-16 @930A16 7日前
idarf777 時代下って良いなら、当時の中国語の発音を考察するのに周辺国の音読みと発音の変化も参考にしたみたいなのは、昔漢和辞典の付録か何かで見たので、逆やる人もそれなりに居そうですけど、どうなんですかね。
1
まいたけ @ykgn_mitk 7日前
正確性はよくわかんないけど、趣味でここまでやる熱量が単純にすごいと思う。 ついでに最先端の日琉祖語研究がどこまで進んでるかも気になるな。未発表だけど似たようなことを考えてる研究者がいたら面白いのに。
1
刑事長/理事長 @DekatyouNy 7日前
amanilo_ 有象無象うごめいてるから。以上。
1
順三朗 @junzabroP 7日前
参考:『ニシ浜は「西の浜」ではない~沖縄の方位名と「民俗方位」』 http://www.kt.rim.or.jp/~yami/hateruma/houi.html
5
白墨 @amanilo_ 7日前
DekatyouNy 理由が下らなすぎて笑う
27
邑きち @mMHltYugTP4cH0b 7日前
この解読が全て正しいというわけではないだろうけど 古い地名というのは想像以上に大昔からそうなってたのかと感心させられる (発音は微妙に違うのだろうけど)
2
フルグラ美味しい @frugura 7日前
面白い。が、全くの専門外の分野の事で、その正確性が全く分からない。
1
ルッツフォー @icicle_rain 7日前
ikirunodaruihit 最新作でトランセルがモルフォン、コンパンがバタフリーに進化。
0
ルッツフォー @icicle_rain 7日前
袋井〜浜北辺りの古墳群が狗奴国という可能性。あの辺り浜名湖沿岸部は、大河ドラマ井伊直虎でも気賀の町だけ描かれましたが、徳川家康の軍勢にあらゆる町村の民が悉く撫で斬りにされ滅んだため、近世以降はただの田舎と化してしまったものの、それまでは湖沿いの地域が水運効果で商業的にとても栄えていたんですよね。古代ですと浜名湖がまだ淡水湖で水瓶として使え、しかも川を下ってすぐ海に出られるので生活圏として最高ですし。浜名湖沿岸部でも平野の広い東側地域に大集落が発達してもそう不自然じゃない
7
alan smithy @alansmithy2010 7日前
WATERMAN1996 これと決めた魚以外は鯛だろうが全てリリースする釣り名人みたいな
1
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 7日前
Kamimura_Maki 当時、朝鮮半島南部には倭人が住んでいて日本語が話される地域だったというのは前提として踏まえておくべきかと。
2
聖夜 @say_ya 7日前
日本語じゃなくて倭語だと思いますよ。そもそも畿内説の本居宣長からして熊襲偽僭説、つまり卑弥呼は熊襲(倭人)の族長が天皇(の祖先)を騙ったと言ってるわけで、逆説的に邪馬台(壹)国が九州にあったこと自体は認めていて、日本書紀で卑弥呼の記述がある神功皇后も筑紫に行宮を立てているので矛盾しない。構成する邑の名前を言語学的視野から比定するアプローチそのものは面白いと思いますけど出身地イコール首都ではないし例えば卑弥呼は日向だから南九州出身で壹与は伊予だから四国出身という説と大差はない
3
ぢべた @jibetaP 7日前
ikirunodaruihit なんでセレクトボタン押したらレベル100が作れるか説明してくれる人が現れた
0
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 7日前
分かっているとは思うけど、「大島」が付く地名なんて幾らでもあるからね。 大島によっては奄美か伊豆かと言う訳だし、昔の人は山の入り口を山戸(山門)って言っていただけだからね(やまとと名づく地名は幾らでもある)。 畿内の山から北に離れたところは「山背(やましろ)」な訳だし、大きな湖は古の人は単純に「海」って言っていただけだからな(近江、淡海は琵琶湖)。 遠江が浜名湖を指していたというのは中央(倭国)から遠く離れた海(湖)ということで何かと比喩的でもある。
8
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 7日前
今後進めていく方向は日琉祖語方言の確度を高めることだろうな。邪馬台国の所在論争は不毛だから関わるべきではないと思う。
2
alan smithy @alansmithy2010 7日前
つか「言語学の勝利」とか書いて煽ってるのはまとめた人だけなんだよな
17
𝑎𝑠𝑘 @whirlpool 7日前
瀬戸内の辺りに謎の音韻変化がある件だが、隋書によると7世紀初頭に隋の使者が訪日した際「筑紫の東に秦王国というのがあるんだけどそこの人が華夏(つまり漢人)で、でも何でこんな夷狄の地にいるの?」という記録が残っており、ちょっと時代が離れてるが、瀬戸内は交易路で色んな人が来てたんじゃないかね。ちなみにこの「秦王国」は周防じゃないかと言われてる。
1
lilium @dorako220 7日前
Twitterの学問クラスタって基礎的なところが怪しい印象だからどうしても疑ってかかってしまう。 数学クラスタとか物理クラスタだと学部レベルのことを間違えてるせいで“パラドックス”とか“新発見”が量産されてるし。
7
半猫人(はんにょじん) @hannyozin 6日前
言語学方面から魏志倭人伝の解読……斜め読みしかできてないけど凄い。じっくり読もう。
0
Mongyang @taisyo_2015 6日前
ntmp10 魏志倭人伝の記述での邪馬台国へのルート推定ではなく、その当時の日本列島での方言マップの推定だからね。ディフェンスの仕方を知ってる。んで、論文としては邪馬台国のルート推定→そこからの方言マップの推定と二重の推定構造になってるのでちとキツい。それでも面白い仮説と手法でいろいろ批判されてブラッシュアップされるといいね
6
Mongyang @taisyo_2015 6日前
この手の言語の音韻学からの人の伝搬で成功したのは南洋諸島でのルートじゃなかったかな。たぶん7,80年代。それ以降、あることないこと含めて粗製乱造されて廃れた印象。それが機械学習やら翻訳需要から、この分野の人達が活躍して復活してる印象ある
1
Mongyang @taisyo_2015 6日前
この時代の歴史学は日本語を主体としてなされてた状況があったのは認識しとくと面白みが増すかも。外国語文献へのアクセスが限られてたし、地理的感覚がない歴史学者が非常に多かった。一方で、戦後日本では開発に伴う法律であちこち発掘しまくってて列島全体の考古学資料は豊富
1
そらみたけお @sorami_takeo 6日前
なんか古田武彦っぽさを感じるなぁ。本にして出したら売れそう
0
y*m*d* @devildisco 6日前
面白れぇ〜 最後の方にある古代日本語の動画も凄い。 何言っとるか全然わからん(笑)
1
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 6日前
日本語の祖語の研究をさっと見てみると、文献が豊富になる奈良時代以降かいきなり縄文時代以前に飛んじゃう感じ(アルタイ語族説とか)で、一端の言語学者がタミル語起源説を主張しちゃう歪さがあるのね。弥生時代から奈良時代までの精度を高めて行くのが先なんじゃないの?って思うんだな。
5
ゆーき @yuuki_s7 6日前
はぁ〜面白えなぁ。弥生人はそら人口も少ないし方言っていうか地域や氏族によって発音の揺れとかそら起きるわな、って話なんやな。そして動画、そうか大陸から来てるんやから発音もそうなるんやな!はぁ勉強になる。
0
佐渡災炎 @sadscient 6日前
albireo_B 「当時は日本語が統一されてなかった」というのは事実であって、その影響を受けているはずというのはとても自然な推測では。
0
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 6日前
sadscient だから「その部分は完全な推測ですね」と言ってるわけで、否定しているわけではないので何も食い違いはないと思うのですが…?
6
Son1an @K90_919 6日前
DekatyouNy 自分のことですかい?
4
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 6日前
固有名詞の部分は「また聞きであやふやなところはあるけど、当時の日本でどう呼んでいたかの手がかりそのもの」、それに対して位置関係の言及は「中国語で書かれたものからの推測以上のことはできない」、という区別を説明したかっただけなんだけどなぁ。「推測だ」と書いただけでそれを疑ったり否定しているように受け取られてしまったみたい
3
びっと @bit_9042 6日前
九州北部と南部、近畿に、それぞれほぼ同じ地名が似たような配置で存在してるのが謎なんだよなー。 あと、九州北部にヤマト(山都)郡って土地があってな…… まぁ当時の日本列島は統一国家じゃないから、あちこちに大規模な有力国家があってもおかしくはないしねー。
4
はやし・しのぶ @Hirarinmac 6日前
gano_01 ちなみにナイトスクープのプロデューサーが後年、男性器と女性器の呼び方について同様のアプローチをされた本『全国マン・チン分布考』を書かれてます(極めて真面目な本です)。
1
しべり @siberi_a 6日前
_〆(゚▽゚*) 要検討検証
0
片山 京 @Kyo_katayama 6日前
丹後の方には独自王朝があったと思われる巨大古墳があり、中国産と思われる出土品もあるので、その辺中国文献に記述があるというのは、夢があるし丹後熊野あたりが栄えてた疑惑が出てきますなぁ
0
memento @mementothanaton 6日前
「対」の音は普通話ではdui4で下がる音であるが これは元々tuis→tuih→tui4のように変化したと考えられる ツシマtusimaが魏志倭人伝で対(tuis)馬(ma)と表記されているのも証拠の一つだと、 BaxterとSagartによる「Old Chinese」という周の時代の中国音(上古音)の考察で書かれていた。 自分も上古音(周代)と中古音(唐代)から魏志倭人伝を読み解こうとして挫折したから興味深い 個人的に「呼」は万葉集と同じく「ヲ」じゃないかと思うけど
1
coilcoils @coilcoils 6日前
久しぶりに読み応えのあるまとめだ。魏志倭人伝のイメージで、まだ中国の影響が強い時代だと思っていたけど、言語で読み解けば現代と地続きなんだなと印象が変わった。
0
sakurakikakufutoukou @sakurakikaku 6日前
古代中国語にロゼッタストーンみたいなのがあればいいんだが、拼音があった訳じゃなし、まして日本の古代の方言ねえ、、、、
4
まかろかん @sh3jf 6日前
ツッコミを入れる人が多いほどより洗練された研究になるんだし、いろんな専門家が関わってもっと面白い感じになったらいいなとは思う。
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 6日前
Bay69575673 中国側研究者の見解も知りたいし、とにかく追試して精度を高めて欲しいですね。
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 6日前
陳寿『三國志』の『魏志』倭人伝には、「裸国・黒歯国」が邪馬台国の東南に船で1年の距離にあるという記述があります。インドネシアやポリネシア説もありますが、南米にも歯を黒く染める習慣があったとして、南米説も唱えられています。また『三國志』の本文には出て来ませんが、裴松之の注に収録された、魚豢『魏略』には、西の大国として大秦国が言及されていて、これはローマ帝国に比定されています。
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 6日前
letssaga3 どこまで正確性があったのかは分かりませんが、当時の中国に伝えられていた地理的知見は、想像以上に広かったと見るべきなのかも知れません。
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 6日前
「裸国・黒歯国」は明らかに意訳でしょうが、原音を中国人なりに読み取った表記なのか、原音を意訳した表記なのか、という問題も出て来ますねこれ。どちらかを判断するほどの知見は、私にはありません。
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 6日前
http://www.seisaku.bz/sangokushi/30_touiden.html という訳で、「魏志倭人伝」こと、『三國志』魏志烏丸鮮卑東夷伝を貼っておきます。この最後の方の記述が、いわゆる倭人伝です。「烏丸(うがん)」「鮮卑(せんぴ)」はモンゴル系か、あるいはテュルク系とみられる民族。からすまとの関係はありません。「東夷」は東の野蛮人達といった意味です。
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 6日前
letssaga3 大秦国については、脚注の魚豢『魏略』「西戎伝」に出て来ます。これについてもアジア・ヨーロッパの大量の国々が書かれています。
0
くらん @chranness 6日前
やべー。学科として違いすぎて言ってることが分からなすぎる。高度だなって思う事しか出来ん。動画の日本語は『琉球』『本土』の系統があるって話を聞いて、「『アイヌ』は今残ってないから無視なのか、他の理由で入っていないのか……?」という辺りが気になったw https://youtu.be/Z5_Dpusr7qE?t=101
0
中津充博 @nekobakumatu 5日前
もともと邪馬台国の読みは伝統的にヤマトだったのをいつかの偉い人が魏志は中国の奴やから中国語読みせなアカンといいだして、それ以来邪馬台国は「ヤマタイ」になって大和と別物扱いになってしまった。
0
中津充博 @nekobakumatu 5日前
山都って、2004年に熊本で公募された町名のことです? bit_9042
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 5日前
chranness アイヌ語との分岐は更に前、みたいな話になってませんでしたっけ?
0
おふ @una_lechuga 5日前
この方は言語学で学術機関に属してはいないように思えるけれども、言語学に限らず学術機関ってのはどうも閉鎖的な印象がある。興味のある人が専門の学生や研究者ともオープンに議論を交わせる場があれば、練り上げたつもりの論理の矛盾や不足を指摘されたり、専門家が意外な視点を手に入れることができるのかも。
2
冶金 @yakeen4510 4日前
畿内説なのこれは結局(読んでない)。
0
ナカモステ・ムサイ・イーサン @nakamosu63113 3日前
率直に言って疑問。この研究で説明されているのはあくまで魏書が描かれた時代の言葉使いでしかないだろう。文献史学的に考えて魏書の内容は「古典からの引用」「辺境からの報告書」でなりたっているわけだから、出典によって秦代の音だったり朝鮮方言の音だったりするはずだ。一元的に解釈するのは無理がある。
2
帰ってきた田沼意次 @tsugutsugu911 3日前
cmnnmz ウラル語族へのアプローチが足りないからアジアの言語学はうまく行かないんだと思いますよ。この方のブログを参考までにどうぞhttp://www.jojikanehira.com/
0
zasubf @zasubf 3日前
瀬戸内海の人たちは反省しろ
0
jk @jk_1976 2日前
これ、面白いんだけど、東洋史学専攻の僕にはどこまでが実証された部分でどこからが独自研究かがわかりにくい 一般に当時の発音を推定するのは書き間違いとか当て字を見ると思うんだけど、当時の日本側にはそれを実証する材料がないわけで
1
lilium @dorako220 1日前
una_lechuga ないとは言わないけど(実例として古典の描写から新たな星が見つかったりとか) その手の素人からの指摘の少なくとも99%くらいは学部レベルの知識が無かったり基礎の論理構造が理解できてないだけの勘違いだからな~
1