10周年のSPコンテンツ!

薄桜記と薄桜鬼と幕末蛮風と、パクリとオマージュとパロディと模倣と盗作と本歌取りと

「(記と鬼のような)タイトル被せ・タイトルもじり」という手法や「("新選組が吸血鬼"など)根幹となるワンアイデアが既存作と重複している」ことは"パクリ"と見做されていいものかどうか、その辺りでほかの方々の議論をもっと読みたかったので、呼び水になればと思い作成しました。 まとめるだけまとめたまま、非公開で塩漬けにしていたものを改めて投稿。
文学 書籍 表現技法
3
「薄桜記と薄桜鬼」を受けて挙がっていた意見から
ツイートまとめ 薄桜記と薄桜鬼 薄桜記・・・1700年~のお話 薄桜鬼・・・幕末のお話 以下、Wikipediaより引用・・・ 『薄桜記』(はくおうき)は、産経新聞夕刊に1958年7月から1959年4月にかけて連載された五味康祐の時代小説。また、それを原作とした映画、舞台、テレビドラマ。 『薄桜鬼 〜新選組奇譚〜』(はくおうき しんせんぐみきたん)は、2008年9月18日にアイディアファクトリー(オトメイト)から発売.. 378784 pv 8609 100 users 10
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo
国文の勉強とかやりますとですね、まあ論文書く段階の前に色んな時代の作品について学ぶんですけど、模倣、もじり、本歌取り、等々の技法は「普通」のものなんで、パクリとか声高に糾弾する人の気持ちの方が分からないっていう。
kyun on 棚 @heart_kyun2
本歌取り、オマージュ、パロディ、パクり、リスペクト、剽窃の違いについて
みな @mina_riverside
薄桜キって字を見すぎて薄がゲシュタルト崩壊 名作にあやかって作品を考えたりタイトル付けるとインスパイアやオマージュと言うのに、パクリとの境界はなんなのか…私、気になりません!呼びたいように呼べばいいよ。本歌取りとか、風流でいいんじゃないかな。っていうアイディアもパクリ。フヒヒ
進藤ウニ・フォームローラーしようぜ! @unisindo
全くだ…が、こればかりは受け手の教養とセンスだからなあ… RT @noukiknit あとなんかすぐ「パクり」ってひとくくりにするのよくないと思う オマージュとか本歌取りとかパロディとか色々種類があるのに全部くくってると、本当に悪質なやつが見えなくなっちゃうから…(´・ω・`)
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
何か「パクリ」という言葉はほんとに簡単に何も考えず使われているんだなあ、と。ちょっとどこかが似ていたら何でも「パクリ」。この脊髄反射的なパクリ認定はどうにかならないものか。http://t.co/3zpg4nWa
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
「オマージュ」とか「本歌取り」とかいう文化はもう成立しないのかもなあ。栗本薫の全作品を「パクリ」だと言って口汚く罵っていたひともいたっけ。じゃあ、この世にパクリじゃない作品って何があるんだよ、という話ではある。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
この世に先行する何かを「パクって」いない作品なんて存在しない。すべての芸術は模倣の上に成り立つ。そうでなければそもそもだれもそれを芸術と認識できないはずだ。オリジナリティとか独創性の議論はその認識の上で行わなければならないと思うんだけどなあ。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
ある小説を読むとき、それが「小説」であると認識できるのは日本語を使って書かれているからだ。つまり作者は先行する「日本語」という文化を流用して書いたことになる。これもある種の「パクリ」ではあるだろう。その意味で小説という小説はすべて「パクリ」である。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@doxun 昔、エリック・V・ラストベーダー という作家が日本神話をもとにして描いたファンタジーのシリーズがありまして、主人公の名前は「ローニン」でした……。
いはとぶ@美少女プラモ強化月間 @ihatobu19
@kaien 最初、パクリ批判者というのは単純に「パクリ悪い」っていう妙なオリジナル信仰のせいかと思ってたんですが、むしろ「パクリ」を追求することによって自分が上から目線になり、批判者になる/批判の対象にならない、ってことのほうが大きいのかな、と思い始めてます
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@ihatobu19 なるほど、それはそうかもしれませんね。あと、自分の嫌いなものをおとしめたい時に、内容の如何を問わずに使える言葉が「パクリ」なのだろうとは思いますね。非常に貧しい発想だとは思います。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
ちなみに、ドラマ『薄桜記』第一話は見ましたが、かなりおもしろかったです。
Turbo @turbo81314
@kaien  大塚英志さんも手塚治虫がディズニーに影響を受けてジャングル大帝を描き、それを見たディズニーがライオン・キングを作ったと書いていましたからね。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@turbo81314 どこまでがオリジナルでどこからが盗作かは微妙なラインだけれども、とりあえず片端からパクリパクリ言い出す人たちは何とかならんのかと。
天霧 @amagiri_ntt
@kaien 仮想世界の生死の比重を重くするという作品では私が知っている限り、『クリス・クロス』、『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』、『ソードアート・オンライン』などがあります。使用している舞台(仮想世界)が似通っているため粗筋では「パクリ」になりますが、個々の作品が何を表現
天霧 @amagiri_ntt
@kaien したいのかが問題であって、『クリス・クロス』は仮想世界の死が現実世界の死であるかもしれないと濁すことでホラーテイストを。『名探偵コナン』は謎解き、スリルといった要素、『ソードアート』は恋愛要素に比重が寄っていたりするのですが、粗筋を見ると等価に見えてしまうんですよね
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@amagiri_ntt ニコニコ動画で『ソードアート・オンライン』を見たら、「『クリス・クロス』のパクリだろ」というコメントがかなりありましたw
@kugi_kk
まあそれの事とは離れた話になるが オマージュとかパロディとかリスペクトとか本歌取りとか色々あるんだから安易にパクりって言う前に一回ググってみたら余計な恥晒さんで済むこともあるし、「こんな元ネタあったんだー」みたいなのを知ってニヤニヤ出来ることもあるから一手間かけてみたらいいと
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@amagiri_ntt いくらディテールで差をつけても、あらすじだけを読んだ人間かえら「パクリじゃないか」と攻撃される、というのは、実に製作者たちにとってやりきれないことだろうと思います。「パクリ」なんてそんなに気楽に使っていい言葉じゃないと思うんですけどねえ。
天霧 @amagiri_ntt
@kaien 『薄桜記』の件に関しては、唐草模様を当たり前だと思っている日本人にギリシャの草の文様を見せてこれが元なのを知らないのかと言っているような印象を受けましたね。短絡的にパクリと言う方もどうかとは思いますが、昔の物を全部知っていろというのも無茶振りなわけで・・・。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@amagiri_ntt 知らないのは仕方ないと思います。ぼくも知りませんでした。でも、「タイトルがよく似ている」という事実に接した途端に「パクリ」という言葉が脊髄反射的に出てくる心理が問題かな、と。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
『薄桜記』が『薄桜鬼』の「パクリ」でないのはもちろんだけれど、『薄桜鬼』もまた『薄桜記』の「パクリ」とはいえないだろう。これは「本歌取り」と見るべきであって、こういうタイトルの付け方をしている作品はたくさんあるはず。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
ジョン・ヴァーリイに「バービーはなぜ殺される」という作品がある。これは高木彬光の『人形はなぜ殺される』を本歌取りした題名だが、原題は「The Barbie Murders」だから、翻訳の浅倉久志さんが洒落っ気を出したのだ。こういう粋なやり方もいまでは「パクリ」と呼ばれるのかね。
残りを読む(36)

コメント

お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
薄桜鬼については新撰組ネタなわけですが、新撰組関連は先行作品がそれこそ山のようにあえいまして、後発作品においては、特定人物のキャラ立てなどは史実以上に先行作品に依存するような部分もある。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
先行作品のあるネタについては、先行作品が有る事も知っておいた方がいいし、その方が自分の好きな作品も、より楽しめるんじゃないの?と思ったりもするわけです。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
殊に現在新撰組にハマッてる人は子母沢寛の名前だけは覚えておいた方がいい。この人が書く以前の新撰組は「ただの人斬り集団」扱いだったらしい。その後の新撰組のイメージを決定づけた人。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
また吸血鬼ネタは伝承から端を発して模倣に模倣を重ねられてできあがったジャンルなのでこのジャンルの端っこにでもいる作品は略…勉強は大切だよね。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
しつこく連投ゴメン。盗作とそれ以外を分けるのは先行作の有名・無名の差と言われてます。無名から引っ張れば盗作。これは無名作の方が損害を被る危険が大きいからですね。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
因みに、「本歌取り」「本詞取り」は必ず有名作から取るルールになっております。パロディ・オマージュは元を知ってもらってなければそもそもの立場がありません。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
ただ、無名作とのネタかぶりも「偶然」そうなっちゃったケースというのがあり得るので難しい問題なのです。同ジャンルのものなら尚の事ネタかぶりしやすいですし。
お茶菓子!!魁@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2012年7月23日
それと、「タイトル」には著作権はありません。タイトルというか固有名詞には無いの。(モノによっては商標があることがあるけど、これはまた別のお話)こんなとこかな?
ミゾ吉 @erised246 2012年7月24日
当方が誤認してまとめに挿入していた本件とは無関係のツイートを、遅まきながら当方がまとめたTogetterから削除しました。この度は対応が大変遅れ、申し訳ありませんでした。ツイート主様に、深くお詫びします。