編集可能

なぜ銃は「撃つ」との表現になった?弓から連想して「射る」とかだったりしない?

言われてみれば…新技術・新製品のの固有名詞はかなり考えて意図的に命名されるけど、その周辺の動詞なんかは、誰がいつそれに決めたんだ?ってこと、IT・コンピュータ周りでもありますよね。
12
黒井マダラ @jaguchi975

なぜ日本人は銃が伝来した時、銃を用いた攻撃を「射る」ではなく「撃つ」と表現したのだろう。 英語でもshootの原義は「射る」に近い。「撃つ」はattackだ。

2020-07-12 12:15:45
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@jaguchi975 yiruは、ya、yumiとつながってる言葉だからでしょうか。下は日本語南島語起源説(日本語の起源には諸説ありますので)のサイトですが 「似た現象 (名詞: ma が 動詞: mi-ru に変化)が、 ya (矢)と yi-ru (射る)、ko2ro2mo2 (衣) > kiru (着る)にも起きてます。」 roz.my.coocan.jp/wissenshaft/AN…

2020-07-12 18:21:36
関連まとめ

まとめ 「銃の登場」とは人間にとって何だったのか〜日本(麒麟がくる)、そして西欧(乙女戦争) NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第五話は、これまで以上に銃についてクローズアップされ、それについての議論が賑わいました。ドラマ本体のまとめも出てくるでしょうが、それとは別に「銃」について。そして、数日前にヨーロッパと銃による戦争を描いた「乙女戦争」の画像が作者によって公開されていたので、そこともつなげています。 26080 pv 211 10 users 6

まとめ 声を「吹き込む」、CDを「焼く」、写真を「撮る」…新技術や新概念の「動詞」はどうやって決まる? タイトル通りのお話です。「声を吹き込む」という言葉が今はすたれつつある、という話から、主に一番典型的なITなどの新技術、新概念を対象に、『CDを「焼く」』、『写真を「撮る」』とか、主にそれを表現する動詞って、どのように決まって定着するんだろうね、という謎です。もちろん、別に結論が出る話じゃござんせんが。 【推薦図書】高島俊男「お言葉ですが…」シリーズ 15077 pv 204 25 users 23

黒井マダラ @jaguchi975

@fushunia ya、yumi、yiruですか。考えたこともなかったです。ありがとうございます 「射る」は元々「弓矢」とセットで生まれた語彙だったのですね

2020-07-12 18:25:28
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@jaguchi975 東京大学史料編纂所データベースで古文書を検索しましたが、『島津家文書』に「弓鉄炮射と〇しの事」とあるのが、唯一の用例みらいです。これも「〇」の部分の文字がよく分からないので、何と言ってるか分からなかったのですが。 clioimg.hi.u-tokyo.ac.jp/viewer/view/id…

2020-07-12 18:31:24
黒井マダラ @jaguchi975

@fushunia 調査ありがとうございます いちおう用例はあったんですか 「構え、射よ!」になっていた可能性も少しはあるんですね

2020-07-12 19:01:17
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@jaguchi975 ほとんどの史料は、「矢を射、鉄炮を放」と書かれてました。この島津家文書は、〇の部分が崩し字苦手な私には読めないので、射が弓矢にだけかかってる可能性もあります。なので、分からなかったです。

2020-07-12 19:03:15
shinjiwakasa . @hitsujishinji

@jaguchi975 日本に初めて伝来した銃は「スナッピング式」というトリガーを引き火皿に火縄をハンマーのように打ちつけて点火する銃だったようですね。日本語の表現としては射撃対象への「射る」よりも、大音響をたてる銃の(火皿を撃つ)驚くべき機構そのものがより印象的だったといった考察も可能かもしれません。

2020-07-12 20:55:24
黒井マダラ @jaguchi975

@hitsujishinji なるほど、スナッピング式ですか。初めて知りました。 銃そのものの「打つ」動作から「撃つ」となったと。とても納得です。

2020-07-12 21:44:13
田中精一@IQ125ある「訪問介護ねむのき」専務取締役 @stanakaspp

@jaguchi975 推測ですが弓が武士にとって特別だからかもしれません。 武家には弓馬の家という別名もあるくらいです。 鉄砲は新参者なので差別化したかった意図はあるかも。

2020-07-12 21:53:43
黒井マダラ @jaguchi975

@stanakaspp 僕は戦国史には疎いのですが、足軽のような下級武士のイメージが強いですからね。

2020-07-12 22:26:10
魂魄 ウミ @umi_konnpaku

@jaguchi975 @ishiimark_sign 矢は飛翔中でも目視できる場合が多いのに対して、銃は着弾後の弾痕しか目視できないからでしょうかね?

2020-07-13 00:04:38
台湾の牛肉麺好き @glade_c_sh

@jaguchi975 面白い! ちなみに中国語だとこの動詞は「打」です。ついでに銃が「槍」。(銃が槍ってのも面白い…) あわせて「打槍」で、「銃を撃つ」。

2020-07-13 00:17:29
蚊喰い鳥 @WarauuYama

@jaguchi975 日国によると「射る」ともいっていたようです。どうして廃れてしまったんでしょうね。 いる【射】 〘他ア上一(ヤ上一)〙 ①弓につがえた矢を放つ。鉄砲の弾丸をうつ場合にもいう。 ②矢や弾丸を目的物に当てる。 小学館 精選版 日本国語大辞典

2020-07-13 00:19:06
ひさか(遺伝子組み換えでない) @hisaca_

@jaguchi975 打撃(刀とか槍とか)とか射撃(だいたい弓)とかいろんな撃が既にあった中で、指で金具を押して火薬でちっこい球はじき出すっていうこれまでにない原理の攻撃である銃撃をどう和語で表現するかっていうと、やはり「撃つ」としか言いようがなかったのではないかと。

2020-07-13 00:24:38
me3 @me337076387

@jaguchi975 日本語、面白いですね。 乗り物の、乗る(またがるもの)、運転(すわる)、操縦(3次元であやつる)にも似たような経緯があるのでしょうかね。

2020-07-13 05:35:01
yuki(ありがたきもの) @yuki19710314

@jaguchi975 「撃てぇ!」は言いやすいが 「射てぇ!」は言いにくいから? 弓道やってたので 別にしたい気持ちは分かります。😃

2020-07-13 06:34:14
黒井マダラ @jaguchi975

小説と詩を書く19歳。音楽グループ「Crelario」所属。アイコンは @SenXneg さんに描いていただきました。リプライお待ちしております。

kakuyomu.jp/users/jaguchi9…

ゲッター・ショーン @GetterShown

@jaguchi975 蛇足ですが、弓鉄砲大砲全てを含む「射撃」という言葉がいつ頃から使われ始めたのかも気になりますね。

2020-07-13 07:30:30
しん @row_din

@jaguchi975 @ishiimark_sign 着弾の衝撃がツブテの衝撃と似ていたからではないでしょうか? 矢は切っ先がありますが伝来した弾丸は丸めたツブテなので攻撃を受けた側の感覚で撃を使ったのではないかと。

2020-07-13 07:38:15
amacat @amacat_ingress

@jaguchi975 「てつはう」はそもそも火薬を詰めた鋳鉄の球形手榴弾だったので、投擲の【擲つ】。それが銃砲から鉄丸を射出するようになっても、つかわれているとか。 pic.twitter.com/Qr1Wd5dN73

2020-07-13 09:07:14
拡大
拡大
黒井マダラ @jaguchi975

@amacat_ingress おお、火縄銃以前に遡る発想はありませんでした! ご意見ありがとうございます。

2020-07-13 09:10:45
残りを読む(56)

コメント

OOEDO @OOEDO4 2020年7月14日
黒井マダラ@jaguchi975 さんのツイートから展開された話を軸に。
0
OOEDO @OOEDO4 2020年7月14日
ああすいません、このまとめは無いだろうと思って調べずに作っちゃった。(多少収録ツイート数は違うのですが)少し前にhttps://togetter.com/li/1558811 でまとめられていました。
0
OOEDO @OOEDO4 2020年7月14日
「三兵タクチーキ」など、西洋式の軍法が幕末前後に日本に入る時に、軍隊を一斉に整然と動かす「号令」は、かなり意図的に翻訳者が翻訳していましたね。あの号令の変遷でも軍隊用語の変化は分かる部分があるのでしょうけど。
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月14日
そりゃ結果(客観)としてはどちらも「モノが遠くに飛んだ」になるけど、操作する主観としては共通してるのはむしろそこくらいのもんで、弓の戻る力を利用する「射る」と爆圧の押し出す力を利用する「撃つ」は当然動作も違うし動詞もかわるだろうさ 腕を振る動作が共通の「切る・斬る・伐る」はみんな「きる」だから多分そういうもんなんだと思う
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月14日
ojisan_think_so んでこれが喰らう側になると矢でも銃でも射たれて撃たれる訳で、自動と受動の目線も大事なんだろう これが他動になるとダメージもレンジも似たようなもんなので、一括りに「射撃」になって「砲撃」「爆撃」との比較になってくる
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月14日
コメが誠実だったのでこちらで語らせてもらった
0
遠藤 @enco2001 2020年7月14日
古代の弩の動作は(軍防令では)「弩を發つ」と記されてて、現代語の「銃を放つ」に受け継がれてるね。英語と日本語の用法の違いを比較するなら、せめて現代ポルトガル語とくらべたほうがいいとおもう。英語と大きな差があるとも思わないけど。
0